うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

飛行機

北京+パリ出張7日目: A380にて日常復帰

ストのため一応タクシーでホテルから空港へ移動.電車(RER)の駅はテープで封鎖されていました.たぶん「北駅〜空港間だけ動いてる」と書いてあったので,メトロと乗り継いでいけば行けたのかもしれませんがね(注意書きがフランス語なので確信できない).


エールフランスでの帰りの便はエアバスのA380!ちょうど今日,羽田に初飛来ってだけでニュースになってました.2階建て機です.エールフランスの東京パリ便への導入はほんと最近だったみたいです.

座席が1階か2階かで違うゲートから乗る感じですが,案内板やチケット上の表示では,フライトに対応するゲートは1つしか書く欄がないのですよね.というわけで,「66番ゲートに行け」と言われて実際に行くと,アナウンスで「座席番号XX番以降の人は,ゲート61番と62番の間へ」と言われる複雑なことになってました.

外から見るとでかかったですが,乗っちゃったら普通.機内食で豚のショウガ焼きを食べながらシャンパン飲んだり,TRICK劇場版第3弾を観たりしてました.エールフランスは間食用にハーゲンダッツやカップラーメンが置いてあるのがすばらしいと思う.

8時過ぎに着く予定が1時間遅れ.さらに飛行機が大きいからか自分の荷物もなかなか出てこないし,今日は「麻薬&銃器なんとか期間」とかで税関でほぼ全員の荷物を開けてました.結局10時半くらいにようやくスカイライナーに乗った感じ.


その後天下一品,洗濯&入浴,昼寝?,歓送迎会,郵便局,また無理矢理睡眠.不覚にも真っ昼間(パリ時間での夜)に3時間くらい寝てしまいました.

事後処理

今日は,5人ほどの外国人の学生さんと飲み.アメリカから帰ってきて,ノンネイティブだと英語も楽だなぁと思ってしまう...


事務手続きも終えて,あとは追加滞在期間中のお金の請求くらい.

基地から東京に電話したときの費用がクレジットカード明細に出ていて,秘書さんをびっくりさせた2分ほどの会話で3000円弱かかってました.正確には,その前に記憶に頼って間違ってFAXの番号に国際電話をかけて「ピーーー」と言われるというお茶目なことをしているのでその料金も入っているのですが.オペレータに相手の電話番号とクレジットカード番号を伝えてつないでもらう,なんていう電話を実際に使ったのは初めてだったかも.

というわけで,アメリカン航空の日本支社に請求方法を問い合わせたらアメリカ側に聞いてくれと言われました.ぐぬぬぬ・・・

緊急着陸まとめ

昨日は不覚にも,一通りの片付けと洗濯を終えた14時くらいから,午前3時くらいまで寝続けてしまいました.おかげですっきり.今日は早朝出勤で日常復帰.「(マイアミで)少し焼けましたね(仕事で行ったのに,いいですね)」というツッコみを受けるはずのところだったのですが,もう情報は出回っていて誰もそんな小さなところには触れませんでした.お昼は早速オードリーでスープカレー.


他の人に聞いたことも含め事件まとめ&振り返り.正確ではないかもです.
ニュース
CNNではほんのちょびっとしか出てませんでした.
原因
貨物室での煙検知?による緊急着陸ですが,実際には火事も煙も何もなかった模様.おしゃべりなCAさんの話によれば(人づて),「埃でもたまに反応しちゃうんだぜ」とのこと.えー.
動いたお金
おしゃべりなCAさんの話によれば(人づて),貨物回収に輸送機を基地まで送ったり,例の飛行機を検査のためアンカレッジからダラスに戻したり,なんだかんだで何百万ドルかかっているとか.
なぜアラスカ?
基地では貨物室を調べるにあたり,コンテナを引っ張り出すのに一苦労していた模様.専用の設備じゃなくて,普通のフォークリフトをうまく位置を合わせてやっていました.でも,コンテナを開けることはできない?のか,コンテナは島に全部置いて,乗客だけアンカレッジへ.コンテナを出すのにもっと時間がかかったら,その島に1泊する可能性もあったようです.東京じゃなくてアンカレッジに飛んだのは,たぶん荷物と一緒に入国しないと税関が面倒だから?通常の別送品の手続きだと,荷物の方が先についてないとダメで,荷物内の物品のリストも必要ですよね.この時点で東京に飛んでくれれば6時間とかの遅れで済んだですけどねぇ.
遅延時間
他の人に転送してもらった遅延証明書によれば,遅延時間45時間30分.遅延ってレベルじゃないんですけど.
緊急着陸先
もらったのは正確には「遅延・臨時着陸証明書」でした.「臨時着陸先SYA(Shemya島)」とちゃんと書いてあります.空港には3文字の略称がありますが(例えば成田はNRT),基地の空港でもちゃんとついてるんですね.臨時着陸証明って何に使うんでしょう.宿泊費とかの保険請求ですかね.でもそれだとアンカレッジの方を入れてくれないとダメなのでは...
Shemya島
臨時着陸直後に「ここはどこ?」「Shemya島です」ってやりとりがありましたが,もうそれどこっていう.産経さんの記事では「米アリューシャン列島」とありますが,それでもどこそれっていう.日付変更線が西側にひん曲がっているところ(アメリカの領土が諸島に沿ってカムチャッカの方へ飛び出しているところ)なので,冷戦時代はかなり重要な基地だったのかもしれません.この島に降り立つことは二度とないでしょう.「記念にあげるよー」とShemya島シャツをくれた現地の方もいたらしいです.
アメリカン航空
結局帰りは,マイアミからダラスの便,ダラスから成田への便,アンカレッジから成田の便,全部遅延(1時間,45時間半,2時間).皆さんがおっしゃるほど航空会社を気にしていなかったのですが,やっぱりダメだなぁ.日本人スタッフもいなかったので,緊急着陸時のアナウンスは大半英語のみ,たまにめちゃくちゃ内容がはしょられた怪しい日本語.緊急着陸後のタクシー中に,「消防車が,チェックしたら,大丈夫.」とだけ言われてむしろ和んでしまいました.

予定変更によりご迷惑もお掛けしていますが,なんだかんだで終わってみればいいネタになったし楽しかったという.ちなみに早速,緊急着陸呑み@東京に向けて動き始めています.ブラジル帰りの商社マン,コスタリカ観光帰りのお嬢さん,などなど,お世話になりました.

マイアミ→アラスカ行き(3) 帰国!

今度こそ無事帰ってきました!

アンカレッジからの帰りの飛行機は2時間遅れ.American Airlinesめー最後まで・・・.


マイアミを現地時間日曜6時半(日本時間19時半)に出て,成田に水曜正午前に到着.ダラス,空軍基地,アンカレッジと巡って2.5日かかってます.でも,ブラジルとかコスタリカとか,もっと遠くから来ていた人たちも多かったので,もっと長かったわけですよね.

緊急着陸の原因(の可能性があった)預け荷物の貨物は,空軍基地に置いていかれたわけですが,その後輸送機が派遣されて回収され,アンカレッジで合流していたみたいです.スーツケースも無事回収できて何より.


何があるかわからないことがよくわかったので,今日は予定されていた講義などを抜いてもらっていました.というか,「間に合うはず」と言って皆さんに「やめとけ&休んどけ」と怒られました.おとなしく事後処理や溜まった仕事を済ませてしまいます.

マイアミ→アラスカ行き(1) 緊急着陸

午前3時半くらいにホテルを出てマイアミ空港へ.早朝の便でまずはDallas/Fort Worth(DFW)へ.

搭乗後すぐに爆睡して起きたら,50分ほど経ってもまだ離陸してなくてびっくり.DFWでの乗り継ぎ時間が1時間半くらいだったのでちょっとドキドキしたのですが,普通に搭乗開始前に着けました.今は国際線への乗り継ぎでもゲート間移動するだけでいいのですね.ESTAのおかげでしょうか.


そんな話がどうでもよくなるような事件が発生.

成田への便が日付変更線付近で緊急着陸.この辺です.

大きな地図で見る

「緊急着陸します」としか言ってくれないし,着陸する直前まで窓からは一面の海しか見えないし,もうどうなることかと.さすがに着陸時には拍手.

無事着陸したら「太平洋のどこかの島に緊急着陸なう」ってつぶやこう!と思って携帯電話を握りしめていました.実際は圏外.他の人に後で聞いたら,走馬燈が巡っていた人とか,人それぞれ.


民間の空港だと思っていたのですが,降りたのはアメリカ空軍基地(Wikipediaのページ).

ハンガーにて待機.マイアミの格好で気温9度とかはきつかったです(毛布を持って行きましたが).ハンガー内は撮影禁止.もちろん戦闘機とか置いてあったわけじゃないですけどね.

貨物室からの煙検知とかで緊急着陸だったらしく,消防士の人たちがそこをチェックしてました.ただし空軍の設備では,ジェット機の貨物の取り出しは簡単にはできないようで苦闘していたみたいです.
緊急着陸後

数時間後に,バスで寮らしきものに連れて行ってもらう.そこでようやく電話で日本への連絡が可能に.普段当たり前の,携帯のありがたさを実感.そこの食堂でさらに数時間,食事&待機.U.S. Air Forceの食堂でハンバーガーを食べるというレアな機会.あちらとしても,初めてのお客さんだとのこと.

結局6時間ほどして,貨物を全部抜き出したとのことで,飛行機に搭乗.アンカレッジ(アラスカ)に3時間ほどかけて戻ることに.

マイアミ→緊急着陸&アラスカ行き(速報)

帰りのDallas/Fort Worthから成田への便が,日付変更線付近で緊急着陸.貨物から煙が出たとかなんとか.

降りた先はアメリカ空軍の基地.ハンガーで数時間待機,さらに寮みたいなところに連れて行ってもらってご飯.携帯やネットなんてつながらないので電話で日本に連絡.アラスカの方なのでマイアミの格好では寒かったです.

そこにある設備でがんばって貨物を抜き出した模様.6時間くらいして出発.でも行き先はアンカレッジ(アラスカ).

というわけでアンカレッジにいます.預けたスーツケースはたぶんまだ基地にいるのかと思います.パソコンの電源コードを機内に一応持ち込んでいたのが救い.着いたのは現地時間午前2時とかですが,2泊したら帰りの飛行機があるみたいです.


その件のニュース(英語)

海外でのトラブル(1)

ストックホルム話が続きますが,その辺一帯,火山灰の影響で多くの空港が閉鎖されるなど大変なことになっていますね.うちの同僚も含めて「帰れなくなっている」ことは大変だと思いますが,安全第一な話なのでしょう.とにかく無事で.


自分も今まで自然災害でのトラブルは数回ありましたが,今回のような数日単位というのは経験していません.

前回ロンドンのときには,約30年ぶりという大寒波による混乱が幕を開けて交通トラブルが本格化した日の1日前に帰国の途についています.今思うと奇跡的.

あとは,リュブリャナ(誰も知らないけどスロベニアの首都)から帰るときにパリが嵐で急遽フランクフルト経由になったことがあるのと,去年アトランタに行ったときに台風のため5時間くらい成田で待った(同僚の便はキャンセル)くらいですね.

まぁ今回のようなニュースを見てしまうと,自分はその程度しかなくて運がいいなぁと思います(盗難系はありますがね・・・).でも,「成田に朝9時に着く予定だから夕方からの講義は大丈夫」とかいうスケジューリングをたまにやってるのをやめた方がいいんだろうなぁとちょっと思いました.

ロンドン+α生活 49 ストックホルム・追加

今日でストックホルムはおしまい.オフシーズンだし,自由時間が少なかった(昨日の数時間だけ)にもかかわらず,国際会議の公式イベントが素敵だったおかげでかなり満喫できました.

今まで載せなかった写真を.

北欧でよく見かけるGeishaと,ストックホルムではどこでも売ってる飲むヨーグルト.
Geisha & yoggi
飲むヨーグルト,パッケージがかわいいです.駅の売店でもどこでも売っていて,味が7,8種類あります.

地下鉄の駅は各駅デザインされていると書きましたが,特にすごかったKungsträdgården駅.ディズニーランドのアトラクションみたい.
Kungsträdgården Kungsträdgården
Kungsträdgården Kungsträdgården

その辺の風景.水辺+こっちの建物,というだけで素敵です.
Stockholm Stockholm


空港での,ドイツの知り合いとの最後のランチはザリガニのパスタ.まぁ彼とはまた「すぐ」会いますが.
ザリガニパスタ

たまには空からの写真でも.「天気が悪く一面の雲」をその上から.午後3時くらいですが西の方は夕焼け色です.
空から

ロンドンに着いたのは午後4時半.ちょうどほんのり暗くなって街灯などがついた時間で,着陸前(デジカメ不可)は絶景でした.日本は蛍光灯色ですが,ロンドンは白熱灯色なんですよね.エコではないですが,オレンジにほんわか光っているのがまたきれいでした.タワーブリッジ,ロンドンアイ,ビッグベンを見下ろしながら降下.

エールフランス機

今日はオープンハウスです.


来週パリ行くわけですが,墜落が話題のエールフランスの便に乗っていきます.何が原因かといったニュースはあまり見ていなかったのですが,ふと見てみたら東京からパリの便(同じエアバス機)でも,原因と考えられる速度計のトラブルがあったようです.まさに来週その便に乗るわけなのですが...

今回のパリ出張は,前回の反省を活かして財布とパスポートをちゃんと連れ帰ってきたいのですが,もちろん自分の体も連れて帰ってきたいです.

ハワイ出張08夏 1日目(前): まさかのタイ焼き

今日からハワイ出張です.例によって,会議終了後とかの観光なんかを書いていきます.仕事の話はマニアックなのでちょっとしか書かないと思います.ちなみに,タイトルに「08夏」とわざわざ入れてあるのは,「09春」がありそうだからです.


朝方少し寝て,10時前に出所.忘れ物を回収して,飲みかけだった充実野菜ペットボトルを他の人にプレゼント.そして実家に帰ってどたばたと準備して出発.けっこうぎりぎりだった.


今回はJALWAYSだったのだけど,機内食がSoup Stock Tokyoとのコラボだった.夕食はオニオングラタンスープとサラダ,そしてなぜかタイ焼き.だいぶ控え目な感じだけどおいしかった.到着前の軽食にはBAGEL&BAGELのベーグル1個.

周りは新婚旅行っぽい人たちが多数.隣の人たちが,ビデオでお互いをとりあっていて少しめげた.


ホノルル到着.いつもはヨーロッパやアメリカ本土なので,所要時間7時間半だとだいぶ短く感じる.到着したのは日本時間午前2時半,現地時間は(前日の)午前7時半.19時間戻ってまた一日を朝からやり直し.

シャトルでホテルに移動.シャトルをちょうど逃したり,おろしてもらったところからホテルまで迷ったりで,だいぶ時間を食ってしまった.それでも着いたときには現地午前10時ごろ(日本時間午前5時).もう疲れた・・・.

そんな時間だけど,幸い部屋の準備ができていてチェックインできた.すごく眠いのだけど,ここで寝るとおかしくなるので,まず午前はたまっていた仕事を.


「今日7月7日」は24+19=43時間あるので続きはまた別に.
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ