うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

研究

ご報告4:お仕事のこと

近い方々には1ヶ月ほど前にお伝えしていたのと,twitterとfacebook上では朝に一通り皆様にご報告してたくさんの反応をいただいているのですが,こちらでも改めて.


本日11月1日付けで准教授となりました.

業界的には年功序列でもないし,助教というくらいの身分だと終身雇用でもないので、5年の任期が切れて就職活動をするというタイミングでした.が,結果として今の所属先で評価していただいて昇任ということになりました.なお,今は准教授でも任期付きが多いと思いますが,任期無しです.今でも,ほんといいのかね,と思いますが.

うちの機関の内部評価や外部採用のタイミングが夏で,内部なので早めに反映されて,11月というちょっと不思議なタイミングになっています.あと半年ほどは,部屋もそのままですし,兼任している大学院の方ではまだ助教のままだと思います.

「この年齢で」の前例など「上」をみると,やる気・申し訳なさ・危機感が数倍増した感じです.面接で弱点も当然見抜いた上で評価してもらえたこと,以前からこの若造に大きく投資してくれていることは,ほんと恵まれていると思います.

このブログのフィードを見て下さっているような近くの方々は,いいところも悪いところもいろいろ見えているのだろうなと思います.特に自分より若い方々には,とにもかくにも「こういうところは超えているぜ!ああいうところでも超えてやるぜ!」と思ってもらって,自分のすること・位置づけを決めて日々進んでいくときに何かしら一つの参考になればと思います.


というわけでこのブログのバージョンも3.0に上がりました.実は助教になったときに2.0にして今まで1年に0.1上げていたのです.それではもう無理な気もする(10年後,何の区切りでもないのに4.0になってしまうかも?次は何?次の次は何?)ので考えます.まぁ来年仕事辞めて4.0になってたり人生何があるかわからないでしょうけどね.

twitter(&facebook)でしょうもないことを書いてばかりですが,このブログも役に立つことをもっと日々書きたいです.と5年前に助教になったときに書いている気がしますが,まぁほどほどに.

アイルランド出張2回目の2: Overture/VDM

追記: Overture IDEの情報を求めて検索で来た方はこちらのページへどうぞ



たまにはお仕事の話も.

FM 2011に来ています.形式手法のトップ国際会議です.形式手法分野は,助教になって産業界向け教育活動を任されるようになってからちゃんと取り組むようになったのですが,さすがに研究でもそれなりの結果を出さなければなりません.研究のメインはサービスコンピューティングなのでかなりの片手間なのですが,ようやく「一流国際会議に論文を通す!」というところまで何とか来たくらい.FM 2011には全然間に合ってなかったですが...

今回は併設のOverture・VDMのワークショップで発表.今日一日の中で一番目新しいチャレンジングな話をしたはず(勝手にそう思っている).終了後に大御所が寄ってきて「これについて諸々話したい」と言ってもらえたのでまずはOKでしょうか.質疑で手抜き過ぎるひどい回答をしてしまいましたが...

VDMのコミュニティもちょっとclosedな感じでまずいかな,とずっと思っていましたが,怒濤のOverture IDEリリース,裏で進めている証明系や意味論定義の話,FP7でやっているリアルタイム性(離散系と連続系のハイブリッド)を扱う組み込み向けの話,聞くたびに大きく進んでいておもしろいですね.日本(だけ)で妙に流行っている感もありますがこれからどうなるやら.


夜はそのコミュニティの人たちとお食事.特にアイリッシュというわけではない普通の食事ですが,先々週来たときは食事の写真を載せてなかったので載せてみます.

traditionalだというクラムチャウダー.前菜ってレベルじゃない量.おいしかったです.
IMG_1121

北の方に来たから,と安易にサーモン.意外に小さい(それでも日本人には多いですしジャガイモ4個付いてますが).普通においしかったですが,クラムチャウダーの中にクラムよりサーモンがたくさん入っていてかぶりました.
IMG_1122

Puddingと呼ばれる何か.欧米のデザートの甘さには慣れていたつもりでしたが,こんなに甘いものは初めて.スポンジケーキをハチミツ+カラメルソースにどっぷり3時間付けておきました,って感じ.3分の1くらいでギブ.ヨーロッパの人もアイス部分しか食べてませんでしたし.
IMG_1123

アイルランド出張1回目の4: 一時帰国

帰る日.スーツケースは機内持ち込みサイズより少し大きいのですが,持ち込めるか聞いてみる.チェックインのお姉さんは「んーまぁ...じゃあゲートで一応言ってね」という感じだったけど,ゲート前で見回っていたおばさんに怒られて没収されました.大変お手数をおかけしました...

荷物がゲート前で没収され最後に乗せられたので,ヒースローのBaggage Claimでは一番に出てきました.アイルランドからロンドンへは国内線同様の扱いなのでスムーズ.が、5時間くらい待ち時間があったのでランチ食べてのんびりして,チェックイン後はボスにラウンジに連れて行っていただく.

海外行くとしょっぱいものが食べたくなるのはいつものこと.ラウンジでは中国製のカップラーメンをつい食べてしまう.「可口」って名前だけどそれってコカコーラの「コカ」よね.

当然乗ったら機内食が出てくるわけで,ちょっとしか食べれず,さらに衰弱してるのでおなか痛くなって(たぶんただの食べ過ぎ)1人ひぃひぃしてました.まぁ気が付いたら寝てたわけですが.


そんなわけで無事帰国しました.別件でまた来週行きます.こういうとき昔(学生時代)なら,うまく機会を活かせるような別件を入れて3週間滞在とかさせていただいたのですが,そんな選択肢は到底ありませんでした.今週は,講師だと副主査だの分野責任者だのを任せていただいていて参加必須なものだけで4個ほど.見かけ偉そうになったもんです.

無事バージョンアップ&アイルランドへ

SH-03Cは問題なくバージョンアップできました.前に比べて諸々改善されてすっきり.

アップデータのファイルの日付を見るとかなり早くから準備できてて,docomo側が新製品発表まで止めてたのかもしれない.答えは風の中.


明日からアイルランド出張です.発表準備はまぁ飛行機でやらざるを得ないことになったのですが,さらにアイルランド到着後にすぐカメラレディ原稿を出す〆切があるのと,帰る直前に国際会議論文の〆切があるのですよね.まぁ,いつも通りです.

今回はリムリックという田舎?に行って2日間缶詰,3泊でぱっと帰ってくるので,何も書くことがなさそうです.

6月へ

5月はあっという間に過ぎてしまいました.国際会議と論文誌へ投稿論文が6本くらい出ていった気がします(もちろん共著4本含む).あと10日くらいでまた5本ほど出ていく気がします.どうなってるのですかね.というかその中で自分の論文にどれだけ時間を使うか・使えるか.これが,任期終了前のタイミングに合わせての最後の「あがき」だと思います.


6月はいろんな方向に盛りだくさん.ちなみに今日は営業のお仕事でした.

今週後半は,前の記事で書いたようにオープンハウスです.今年はおとなしくしてます(ポスター展示が大量に出ていますが,他の用事が重なっていなかったりする時間もあります).

来週はアイルランド出張(そういえば半年海外行ってない).初アイルランドですが,リムリックというところです.何があるのかわかりません.「アイルランドで一番かわいい村コンテスト」で優勝した村?が近くにあるらしいということしかわかっていません.

その次の週は,いつもの企業開発者向け教育コースの講義に加え,別のところでも企業開発者向けセミナーです.また噴火して帰れなくなっていたりしませんように.大学院講義では,「貨物室で火の誤検知で米軍基地へ緊急着陸→講義中止」の前科がありますが...

さらにその次の週は再びリムリックです.偶然が重なってそんなことになりました.もうちょっと面倒.ここまで終われば落ち着く,はず.

近況&オープンハウスのお知らせ

またかなり間が空きました.今年度は助教としての任期最終年(5年目)となるわけですが,最後のあがきとして諸々踏ん張っていました.

というか,論文誌修正,新規論文誌投稿,国際会議投稿,かなり大きな予算への提案,PCをしている国際会議の査読の5つが全く同じ日の〆切になるというすごい偶然でGW前からGWにかけてヒーヒーしてました.まぁ一部が〆切を大きく延ばしてくれて助かりました.それぞれ「本当はここまでやりたかった」というのはあるのですが,それはエンドレスで存在するので,落としどころとしての区切りを付けて進んでいくしかないですね.

博士をとってすぐ助教になって,最初は「何てひどい博士研究だったんだ」という気持ちが大半(それでも国内の研究会推薦の博士論文とかになってしまったのが何とも言えない).取り組む分野自体見直したいという思いもあり,またそもそも違う分野での仕事をもらえる機会があり,最初は(結果を出すより)「勉強」にも時間がかかって試行錯誤.どの分野でも突っ込めば簡単なことはやり尽くされてるし,描いた理想を本当に実現するにはいろいろなものが足りなかったりするわけで.遠回りや寄り道をして,でもいろいろなことがようやく見えてきた気がして,でも気がついたらもう5年目.まぁ学生さんにもかなり助けてもらって,かなり面白いことはできていると思うし,採択率15%前後の国際会議論文はぽこぽこ出てはいるのですが,ね.


さて,職場のオープンハウス(一般向け公開イベント)のお知らせです.来週の木曜,金曜です.「一般」の人にわかるようになっている展示がどれだけあるか(そもそも内容的に裏側の仕組みの話だったり),というのはありますが.

先週「爆笑問題のニッポンの教養」で石川梨華の生首を出していた錯覚の先生も招待講演でいらっしゃるようですよ.

近況報告

ってタイトルをつけてしまうくらい更新の間が空いてしまいました.

某メジャーな競争的資金の申請書を書いていたりしました.その資金に関しては今のところ2戦2勝なのですが,他の資金はけっこう落ちてますし,何とも言えません.論文と違ってまだ「難易度」の感覚がイマイチないですし,前よりも額が高いところに出して行っているのでなおさら.ちなみに,その競争的資金の区分では自分はあと9年「若手」ですが,制度見直しの結果,「若手」として応募できるのはこれが最後.


ここしばらくのできごと(私事).
  • 入院してしまった方がいたり,交通事故に遭ってしまった方がいたり.高速道路でぐるぐるスピンして無事だったということに感謝ですが.
  • 今のおうち解約しました.徒歩通勤という贅沢もあと1ヶ月.お仕事に利いていたのは間違いないですがね.電車通勤になったらそれはそれで論文読みとかがはかどりますし.しかし改めて4年前の自分,よい物件を見つけたものだ.
  • 新しいおうち,「契約」,はまだしていません.4年ぶりに千葉都民に戻り電車内無線LANを毎日使う日々,かも.という情報でかなりピンポイントに特定できてしまいますかね.1年半後に任期が切れた後海外にいたり関西にいたり無職になっていたり,という可能性はあるのですけど.
  • というわけでiPadもどきが早く欲しいです(できればジョブズ教に入りたくないのと今更なのでiPadじゃないのがよい).といってもGalapagosの大きい方とかでしょうかねぇ.電子書籍というより論文をどこどこ読むのと,電車なりカフェなりで15分以上座るならRX2がよいので,ぱっと取り出してPDFが疲れず読めて一応Webが観られればよかったりします.
  • やっとドコモの冬春モデル発表.あまり期待したほどではなかったですが.たぶんSH-03C

富良野出張

昨日から富良野にいます.ちょうど来る前日が初雪だったそうです.ニュースの画像を見ると,東京の人が思う初雪ってイメージの降り方に見えないです.さすがに寒いですが外に一切出ないので,あまり関係なかったり.
富良野


お仕事は某エージェント屋さんのワークショップでサービスコンピューティング系の企画セッションをやらせていただきました.あと一応座長とPC委員会も.

このワークショップは学生のときにかなりお世話になりましたが,昔から,特に今は,「専門外」感が強いです.メカニズムデザインとかのお話は聞く分にはかなり面白いのですけど,自分自身が今勝負する(できる)領域ではないので.

他のところをメインに活躍する人が「なぜこの分野・コミュニティを捨てたか」を議論する,という過激なパネルがあり,そこに呼ばれるかも,という冗談だか本気だかわからない話があったのですが,さすがに自分レベルにまで出番が回っては来ません.実際のパネルはそこまで過激(必要以上にネガティブ)ではありませんでしたが,一流の研究者の方々のお話なので普通に面白かったです.

あとは,講演としてGoogleの名誉会長村上さんのスマグリ系のお話,明日は丸山宏さんのCPS系のお話.どちらも最低限のフォローはしているつもりなので新しい話はないかもしれないですが,まぁちゃんと聞いておきます.


せっかくネットも繋がらないところで詰め込み合宿状態なので,とにかくガンガン仕事を進めたいところ.なのですが,昨日は風邪が悪化したのか頭がガンガン.早朝から夜早くに力尽きるまで,無理矢理一日みっちり働いていたはずなのですが,あんまり記憶に残っていません.

サービスコンピューティング第3回研究会

表題の通りSIG-AIとの共催で,参加者も多く集まり無事終わりました.皆様ご参加ありがとうございました!

今後についていろいろ考えなければならない点は多いですが,ね.あまり国内イベントに力をかけても,というところもまぁありますしねぇ.9月にはFITで講演+パネルを,10月にはCEATECでクラウド関連の講演+パネルを,さらにJAWSでも関連イベントをやらせていただきます.あり過ぎてどれがどれだか混乱してきます.


別件で,「私がこの研究コミュニティを見捨てた理由」というタイトルで,そのコミュニティで講演をすることになるとかならないとか.そりゃ自分なりにいろいろ思うことはあるけれども,本当にそんな企画やらない,よね.

来週月曜: サービスコンピューティング研究会

人生3回目のつくばTXに乗った日.


来週月曜は,電子情報通信学会のサービスコンピューティング研究会の第3回(AI研究会との共催)です.

この研究会ですが,SOA・クラウドはビジョン分野なので,ソフトウェア工学屋さん,AI屋さん,(エージェント屋さん,分散屋さん,経営屋さんなどなど)と順次一緒にやっていきます.去年(共催ではなく)単発でやった1回目は50人以上集まってびっくりしたのですけどね.

都内のど真ん中でやっていますのでぜひ興味のある方はご参加下さい.


この分野の位置づけ(独自性)・必要性もControversialですが,IEEE Transactions on Services Computingまでできてしまっているのですよね.まぁ中を見ると何とも言えないことになっている部分もありますが.あとは,クラウドが出てからなのか,WWWみたいな国際会議でも発表が前より多少目立つようになった気がします.

自分個人としては,サービスコンピューティングなのか次世代インター・マルチクラウドなのか,主張のために使う言葉は時流に任せるとして,今年,来年取り組んでいくところは決まっています.「1年半後任期が切れる」というのがあるので,今は視点がだいぶ短期的,装飾的,自身の既存資産の活用重視,になっています.
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ