うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

海外トラブル

事後処理

今日は,5人ほどの外国人の学生さんと飲み.アメリカから帰ってきて,ノンネイティブだと英語も楽だなぁと思ってしまう...


事務手続きも終えて,あとは追加滞在期間中のお金の請求くらい.

基地から東京に電話したときの費用がクレジットカード明細に出ていて,秘書さんをびっくりさせた2分ほどの会話で3000円弱かかってました.正確には,その前に記憶に頼って間違ってFAXの番号に国際電話をかけて「ピーーー」と言われるというお茶目なことをしているのでその料金も入っているのですが.オペレータに相手の電話番号とクレジットカード番号を伝えてつないでもらう,なんていう電話を実際に使ったのは初めてだったかも.

というわけで,アメリカン航空の日本支社に請求方法を問い合わせたらアメリカ側に聞いてくれと言われました.ぐぬぬぬ・・・

緊急着陸まとめ

昨日は不覚にも,一通りの片付けと洗濯を終えた14時くらいから,午前3時くらいまで寝続けてしまいました.おかげですっきり.今日は早朝出勤で日常復帰.「(マイアミで)少し焼けましたね(仕事で行ったのに,いいですね)」というツッコみを受けるはずのところだったのですが,もう情報は出回っていて誰もそんな小さなところには触れませんでした.お昼は早速オードリーでスープカレー.


他の人に聞いたことも含め事件まとめ&振り返り.正確ではないかもです.
ニュース
CNNではほんのちょびっとしか出てませんでした.
原因
貨物室での煙検知?による緊急着陸ですが,実際には火事も煙も何もなかった模様.おしゃべりなCAさんの話によれば(人づて),「埃でもたまに反応しちゃうんだぜ」とのこと.えー.
動いたお金
おしゃべりなCAさんの話によれば(人づて),貨物回収に輸送機を基地まで送ったり,例の飛行機を検査のためアンカレッジからダラスに戻したり,なんだかんだで何百万ドルかかっているとか.
なぜアラスカ?
基地では貨物室を調べるにあたり,コンテナを引っ張り出すのに一苦労していた模様.専用の設備じゃなくて,普通のフォークリフトをうまく位置を合わせてやっていました.でも,コンテナを開けることはできない?のか,コンテナは島に全部置いて,乗客だけアンカレッジへ.コンテナを出すのにもっと時間がかかったら,その島に1泊する可能性もあったようです.東京じゃなくてアンカレッジに飛んだのは,たぶん荷物と一緒に入国しないと税関が面倒だから?通常の別送品の手続きだと,荷物の方が先についてないとダメで,荷物内の物品のリストも必要ですよね.この時点で東京に飛んでくれれば6時間とかの遅れで済んだですけどねぇ.
遅延時間
他の人に転送してもらった遅延証明書によれば,遅延時間45時間30分.遅延ってレベルじゃないんですけど.
緊急着陸先
もらったのは正確には「遅延・臨時着陸証明書」でした.「臨時着陸先SYA(Shemya島)」とちゃんと書いてあります.空港には3文字の略称がありますが(例えば成田はNRT),基地の空港でもちゃんとついてるんですね.臨時着陸証明って何に使うんでしょう.宿泊費とかの保険請求ですかね.でもそれだとアンカレッジの方を入れてくれないとダメなのでは...
Shemya島
臨時着陸直後に「ここはどこ?」「Shemya島です」ってやりとりがありましたが,もうそれどこっていう.産経さんの記事では「米アリューシャン列島」とありますが,それでもどこそれっていう.日付変更線が西側にひん曲がっているところ(アメリカの領土が諸島に沿ってカムチャッカの方へ飛び出しているところ)なので,冷戦時代はかなり重要な基地だったのかもしれません.この島に降り立つことは二度とないでしょう.「記念にあげるよー」とShemya島シャツをくれた現地の方もいたらしいです.
アメリカン航空
結局帰りは,マイアミからダラスの便,ダラスから成田への便,アンカレッジから成田の便,全部遅延(1時間,45時間半,2時間).皆さんがおっしゃるほど航空会社を気にしていなかったのですが,やっぱりダメだなぁ.日本人スタッフもいなかったので,緊急着陸時のアナウンスは大半英語のみ,たまにめちゃくちゃ内容がはしょられた怪しい日本語.緊急着陸後のタクシー中に,「消防車が,チェックしたら,大丈夫.」とだけ言われてむしろ和んでしまいました.

予定変更によりご迷惑もお掛けしていますが,なんだかんだで終わってみればいいネタになったし楽しかったという.ちなみに早速,緊急着陸呑み@東京に向けて動き始めています.ブラジル帰りの商社マン,コスタリカ観光帰りのお嬢さん,などなど,お世話になりました.

マイアミ→アラスカ行き(3) 帰国!

今度こそ無事帰ってきました!

アンカレッジからの帰りの飛行機は2時間遅れ.American Airlinesめー最後まで・・・.


マイアミを現地時間日曜6時半(日本時間19時半)に出て,成田に水曜正午前に到着.ダラス,空軍基地,アンカレッジと巡って2.5日かかってます.でも,ブラジルとかコスタリカとか,もっと遠くから来ていた人たちも多かったので,もっと長かったわけですよね.

緊急着陸の原因(の可能性があった)預け荷物の貨物は,空軍基地に置いていかれたわけですが,その後輸送機が派遣されて回収され,アンカレッジで合流していたみたいです.スーツケースも無事回収できて何より.


何があるかわからないことがよくわかったので,今日は予定されていた講義などを抜いてもらっていました.というか,「間に合うはず」と言って皆さんに「やめとけ&休んどけ」と怒られました.おとなしく事後処理や溜まった仕事を済ませてしまいます.

マイアミ→アラスカ行き(2) アラスカぶらぶら

そんなわけでアンカレッジ(アラスカ)到着.現地時間午前2時,再び指紋を採ってアメリカ入国.その後カウンターへの列に並んでホテルバウチャーを受け取り.

ここでやっとネット接続.無線LANが無料でした.ありがたい(さすがに有料でも使うつもりでしたが).並びながらメールを各所に送信.

カウンターでは,2泊分のホテルバウチャーをもらう.あと,「今回の件で必要になったお金は$200まで請求できる」との説明.

ホテルまでシャトルを出してくれたけど満席で結局タクシーを使ったり,同じホテルの人と今後について協議したり,旅行でPCを持ってきていない人にPCを貸してあげたり,自分が各所と話したりで,結局朝7時くらいまで起きてました.まぁもうどうせタイムゾーンというか時差はめちゃくちゃなわけですが.


3時間くらい寝て朝食.普通のホテルの朝食に「トナカイのソーセージ」があるとは,さすがアラスカ.

同じホテルの人とその辺をぶらぶら.観光者向けのお店ばっかりの街でした.ほんとは車出して4時間くらいかけて大自然の方に行くのがいいのでしょうけどね.

相変わらずアルパカ顔がしょっぱいよアルパカ(アラスカ動物園).
201007121341000

とりあえず,ALASKAって書いてあるパーカーを買っておきました(トナカイの絵付き).歴史ある食べ物や民芸品の少ないアメリカの地方都市での典型的なお土産.普段は絶対買いませんが,マイアミの格好では寒いだろうということで購入.実際は天気が良くていらなかったですけどね(15度くらい).アメリカン航空に請求するよー.

あとはとりあえずサーモンを食べておいたり.さすがに夕方は早々にダウン.


ひどいことに,人づてにしか聞いていない&初めて知ったのはニュースで,だけれども,明日現地時間朝8時の便で帰れるとのこと(ホテルのフロントに日本語で張り紙をしてくれた人がいた).日本には水曜の朝に着く,はず.出発時に "On Time" であっても何があるかわからないことを今回痛感したわけですがね.

マイアミ→アラスカ行き(1) 緊急着陸

午前3時半くらいにホテルを出てマイアミ空港へ.早朝の便でまずはDallas/Fort Worth(DFW)へ.

搭乗後すぐに爆睡して起きたら,50分ほど経ってもまだ離陸してなくてびっくり.DFWでの乗り継ぎ時間が1時間半くらいだったのでちょっとドキドキしたのですが,普通に搭乗開始前に着けました.今は国際線への乗り継ぎでもゲート間移動するだけでいいのですね.ESTAのおかげでしょうか.


そんな話がどうでもよくなるような事件が発生.

成田への便が日付変更線付近で緊急着陸.この辺です.

大きな地図で見る

「緊急着陸します」としか言ってくれないし,着陸する直前まで窓からは一面の海しか見えないし,もうどうなることかと.さすがに着陸時には拍手.

無事着陸したら「太平洋のどこかの島に緊急着陸なう」ってつぶやこう!と思って携帯電話を握りしめていました.実際は圏外.他の人に後で聞いたら,走馬燈が巡っていた人とか,人それぞれ.


民間の空港だと思っていたのですが,降りたのはアメリカ空軍基地(Wikipediaのページ).

ハンガーにて待機.マイアミの格好で気温9度とかはきつかったです(毛布を持って行きましたが).ハンガー内は撮影禁止.もちろん戦闘機とか置いてあったわけじゃないですけどね.

貨物室からの煙検知とかで緊急着陸だったらしく,消防士の人たちがそこをチェックしてました.ただし空軍の設備では,ジェット機の貨物の取り出しは簡単にはできないようで苦闘していたみたいです.
緊急着陸後

数時間後に,バスで寮らしきものに連れて行ってもらう.そこでようやく電話で日本への連絡が可能に.普段当たり前の,携帯のありがたさを実感.そこの食堂でさらに数時間,食事&待機.U.S. Air Forceの食堂でハンバーガーを食べるというレアな機会.あちらとしても,初めてのお客さんだとのこと.

結局6時間ほどして,貨物を全部抜き出したとのことで,飛行機に搭乗.アンカレッジ(アラスカ)に3時間ほどかけて戻ることに.

マイアミ→緊急着陸&アラスカ行き(速報)

帰りのDallas/Fort Worthから成田への便が,日付変更線付近で緊急着陸.貨物から煙が出たとかなんとか.

降りた先はアメリカ空軍の基地.ハンガーで数時間待機,さらに寮みたいなところに連れて行ってもらってご飯.携帯やネットなんてつながらないので電話で日本に連絡.アラスカの方なのでマイアミの格好では寒かったです.

そこにある設備でがんばって貨物を抜き出した模様.6時間くらいして出発.でも行き先はアンカレッジ(アラスカ).

というわけでアンカレッジにいます.預けたスーツケースはたぶんまだ基地にいるのかと思います.パソコンの電源コードを機内に一応持ち込んでいたのが救い.着いたのは現地時間午前2時とかですが,2泊したら帰りの飛行機があるみたいです.


その件のニュース(英語)

賢者?

パリ2日目の夕食の写真をもらったので,記事に写真を追加しました!ブイヤベースとチョコレートフォンデュです!

ちなみに写真はパリ側の知人にもらったのですが,「なんだかんだあったけどパリを楽しんだよ」みたいなことをメールに書いたら,「あんたはphilosopher(悟りを開いた人)か」と言われました.いや,でも日記を読めばわかると思いますが,(人から借りたお金で)申し訳ないほど楽しんでるんですよね...


今日は新宿にある管理会社に行って東京の家の鍵をもらい,ビックカメラでカード再発行.免許証がないので,例の仮パスポートで身分証明.公式には「帰国した瞬間失効」なのですが,他にないのです(東京の家に帰れば職場の身分証がある).

ビックカメラのカードなんて優先度は低いのですが,優先度が高い銀行カードとかは土曜には何もできないのですよね.まぁ来週携帯買うのでビックカメラも必要です.せっかくなのでN905iのモックアップも触ってきました.思っていたほどごつくなかったのでこれで決まりです.色はこれぞというのがないですが,赤にしようかと.

ついでに懐かしのDQ4なんて買ってしまいました.財布とか名刺入れとか先に買えという話もありますが.ちなみに,今回の出張では,やるソフトがなかったのと,飛行機とかでも仕事する気満々だったので,Nintendo DSはお留守番でした.よかったです.

ヨーロッパ3カ国出張(予定では) 2日目(前): Nice Boat.

「某国家試験に受かった」という妹へのメールへの返事が「おめでとう.こっちは色々盗まれた.」で申し訳ない今日この頃.


今日からパリ第六大学との合同ワークショップなのですが,例の事情により朝一で大使館へ.節約のため歩いて移動.後からわかったのですが,ストで地下鉄本数が減っており,通勤時で混んでいる時間だったので,歩いたのは正解だったみたいです.

大使館は凱旋門のすぐ近く.全く知らなかったのですが,日本に帰るだけの仮パスポート的なものは,帰る航空券があればその場ですぐできるとのことでした.正規のパスポートも日本から戸籍をFAXしてもらえばできるらしい.

戸籍をFAX,となると本籍が愛媛なのが恨めしいのですが,母親がたまたま愛媛にいるという奇跡.元々の予定では6日後にイギリスからいったんパリに戻ってポルトガルへ行く予定だったのですが,それに間に合うように正規のパスポートを出すことも可能とのこと.ちなみに予定通り明日イギリスへ行くのはもちろん無理.

どうするかだいぶ悩んだのですが,みんなにお金を借り,パリのホテル延泊代も出してもらって,PCも使わせてもらって,そこまでして旅を続けてもしょうがないかと.というわけで,仮パスポートを出してもらって帰る方を選択.航空券を確保して(自力ではできませんが・・・),また来ることに.


写真屋さんに行き仮パスポート用の写真だけ撮っておいて,急いでワークショップの場所へ移動.場所はなぜかセーヌ川に停泊した船.パリ第六大学とは毎年やっていて今年はあちらが日本に来るはずだったのですが,諸事情によりこちらがパリに行くことになったので,その分会場を豪華(?)にしてくれたのでしょうか.

発表も無事済まし,今回の出張のメインの目的は達成.

ヨーロッパ3カ国出張(予定では) 1日目: 波乱

毎日書くとか言っておいて更新遅れてます.旅行中は書くネタがあるわけですが,予想以上に大きなネタに展開してしまい,書いてる余裕がありませんでした...詳しくは本文参照.


出張初日.いつも通り実家から成田へ.まずはJAL運行のエールフランス便でパリへ.

成田は年に何度か来ますが,第2ターミナルはすごく久しぶり.店がすごい増えていて,ターミナル別館みたいなところに移動するシャトルとかありました.いつの間に?


飛行機では映画,仕事,睡眠.映画は「ヘアスプレー」と「ダイハード4.0(笑)」を見ました.ヘアスプレーはミュージカルの方を見たい感じですね〜.ダイハードはもともと好きなシリーズですが,やり過ぎ度があがっていて笑えました.


そして無事パリ到着.その後のできごと箇条書き.

まだ午後4時前なのに,気温0℃.厚着してきてよかった.

ストライキのため市内に出る電車が完全運休.

パスポート,財布などなど大事なものがたくさん入ったかばんを盗まれる.

空港の手荷物検査場の横にある警察の取り調べ部屋というなかなか入れない場所に入る.

空港バスは動いていたのでそれでとりあえず市内のオペラ座のところへ.この時点で心の切り替えは完了.

そこからホテルまで歩いて15分くらいなのに,バスが到着したときにちょうど雨が降り始める.プランタンのイルミネーションがすごくきれいでしたがそれどころではない感じ.ちなみに傘は泥棒さんのところに.

メトロに乗ろうとしたら最寄の入り口が工事で入れない.

濡れながら他の入り口を探して,メトロでホテルへ.歩いて15分くらいなのに2回乗り換えしないといけないルート.

カードを止めたり各所に連絡して寝る.


そんな激動の初日でした.「今日は運勢がいい」って言っていた朝のニュースはもう信じません.まぁ時差の関係上,日本では日が変わった後のできごとなわけですが.

自分のことは自分が悪いし,めげても意味がないので,警察出た時点で心の切り替えは完了.むしろ今までそういうことが全くない異常に幸運な人生だったことに感謝すべきですね〜.あと,本とかではそりゃ色々書いてますけど,海外では「友人の足元」は安全な場所ではない,ということを勉強できましたし.

ただ周りに多大なご迷惑をかけてしまったのが申し訳ないです...日本に帰ったら倍返ししないとですね.

パリ出張2006その2 4日目:入院と勘違いとパリを見渡す個室

昨日の続き.AM3時ごろE陸さんに起こされる.申し訳ない.そして病院に電話してもらう.「結論は明日11時以降」.後回しにされてる...フランスクオリティ.まぁ「絶対大丈夫」とは言えないけど問題がないということだろう.

今日からは本格的にパリ大でワークショップ.が,自分も含め同じホテルの3名が発熱&関節痛&咳.これは・・・まさかインフル全滅コースでは・・・3名様追加か・・・?まぁ病院にいる彼ほどちょっと症状が違うし,早めのパブロンとリポビタンFine(新種,成田に売ってた)で何とかふんばれそうな感じ.

自分の発表は明日の最後なので,また準備をしていない.今までの使いまわせるし,査読とか他のことも止められないし.さすがに今夜がんばろう.と思いながらふと朝プログラム見たら,発表は明日じゃなくて今日の最後だった.ぐふ.というわけで予定変更.申し訳なくも資料いじりながら参加.午前中に適当にまとめて,夕方に発表.最後だったのだけど,発表始まった時点で相当時間オーバーしてたので,もうぐだぐだ.

休み時間に病院に電話したんだけど,「もう問題はないけど,まだいつ出れるわからない」みたいな.適当だな.結局最低もう1泊はするようなので,終了後に病院へ.緊急用のところからパリ市街を見渡す8F個室に移動してる.フルマラソン走る彼が携帯いじるのが精一杯な状態...フランス語でまくしたてられて何だかわからないけど色々検査されたりサインさせられたりしたら精神的にも参るわな...原因は食べ物系と予測されるが,結局特定はできず.
・ カキがそれっぽい.でも6人くらいで同じもの食べてる.パリ大の人が言うには,1人だけ,というのはありうるが非常にレアらしい.
・ 彼しか食べてないのは,エッフェル塔のそばのイタリアンのナポリタン.こんなにおかしいナポリタンは初めて見た.ファーストキッチンを上回るひどさだった.ピザはおいしかったのに.そして自分の中で「パリはどこで食べてもそれなりにおいしい」伝説が崩壊.
・ パリに来ていきなり高級なものを連続で食べたから体が拒否した.自分ともう1人の先輩に行きなれないブランドショップを連れまわされたため体が拒否した.

その後遅れて夕食に参加.おいしかったけど,前菜が謎だった.どう説明すればいいのか.もう1つ選択肢もあったのだけど,さすがにカキを食べる気にはなれず...大好きなんだけど...

エッフェル塔はイルミネーションのセンスがいいよね.20時以降は1時間ごとにギラギラしだす.
エッフェル塔夜
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ