うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

外国語

ロンドン+α生活 46 ストックホルムいろいろ

朝から会議.夜はタイ料理.何もないので,小さなこといろいろ.


<スウェーデン語>
全くわからない.いつも見ていて覚えた単語はutgång(出口),tunnelbana(地下鉄),till(どこどこへ)くらい.あとupp(上り).「あっぷっぷ」と読む,わけないか.

地名は覚えられないし読めません.ヨーロッパなのでもちろん通りの名前で地図を見るのですが,IsafjordsgatanとかKlarabergsviaduktenとかHantverkargatanとか.

お店などではよく,「ヘイヘイ」と言われます.「ヘイ」が「やあ」という感じで,普通「ヘイヘイ」と2回言うようです.去年自分が調べたのを見ると,フィンランドでは「ヘイ」は同じ意味なのですが,「ヘイヘイ」だと「さようなら」になるようです.面白い.

なお,ほとんどのレストランに英語メニューが出ており,キヨスクの店員さんまで皆さんきれいな英語をしゃべってくれます.


<通貨>
EU加盟国ですがユーロではなく「クローナ(SEK)」という通貨です(ちなみにデンマークは「クローネ」,最初間違えてました).1クローナ=約12円.

コインにはすべて王冠が入っていて,素敵なデザイン.
クローナ

キヨスクでもどこでもクレジットカードが使えるので,クローナなしでもやっていけそうです.カードで払えないのは路上の屋台くらいじゃないですかね.実際,今回は地下鉄1週間乗り放題のを買ったこともあり,ほとんど現金を使ってないです.

ドル($),ユーロ(?),ポンド(£),円(\)のように独自の通貨記号はないですが,「120:-」というように,「:-」をつけているようです.


<地形>
「水の都」であり,十数個の島があります.島と言っても,橋でつながっており地下鉄でも行けます.面白い地形ですよね.


今回の国際会議(ICSOC 2009)のホームページに「水の都」のすごい素敵な写真がたくさん出ていて最初わくわくしていたのですが,実際は会議が終わったときには真っ暗なので,こんな風景見られません...


<その他>
セブンイレブンと寿司屋ばっかり.何だこれ.

フィンランド出張08 1日目(前): へいへいもいもい

相変わらずドタバタしたけれども何とか出発.成田線の中で書いてます.コートとか冬服を詰めたので荷物が普段より一回り大きい.


直前になってやっと交通情報を調べたり,ガイドブックを眺めてみたりした.ヘルシンキに着いたらまず,電車かバスで2時間くらいかけてトゥルクに移動.ちょっと面倒.


ちなみに,フィンランド語のあいさつを見てみた.

「こんにちは」からめげる.
Hyvääpäivää
ヒュヴァーパイヴァー?ハリーポッターが叫んだら蛇とかドラゴンとか召喚されそう.

ガイドブックとかには上のが出てるけど,それは固い言い方でキャスターとかしか使わないらしい.普通は,
Hei ヘイ
とか
Moi モイ
とからしい.

そしてなんと,繰り返すと「さようなら」になるらしい.
Hei Hei
Moi Moi
ヘイヘイ.モイモイ.おもしろい.


まぁとにかく行ってきます.ネットはつなげるはずなので,更新はちょびちょびしていきます.twitterも携帯からパケ死しない程度に更新します.

世界一周旅行 オランダおまけ: オランダ語

オランダ人は英語をよくしゃべる.おじいちゃんから子供まで一般市民全般が.「英語しゃべれる?ママに電話したいから携帯貸して欲しいんだけど.」って子供に言われたりした.

でも,看板とかはほとんどオランダ語のみ.トイレが"Dames"か"Heren"の2択だったときは困った.あなたならどっちに突入しますか?フランス語でも知ってればわかるらしいが,覚えちゃいないので...

昨日の日記で"Kerrie"はカレーだと書いたけど,そういう風に「聞けばなるほど」が多い.ドイツ語もわかる人によれば,英語とドイツ語の中間らしい.確かに,「ありがとう」は"Dank u"だ."Thank you"と"Danke"が合体してる.バスをよく使ったので,時刻表の「月ー金,土,日」はよく見た."Maandag-Vrijdag, Zaterdag, Zondag".何かにごってるけど1回見ればわかるよね.国際会議の会場の部屋の名前が,"Rood(Red)","Wit(White)","Blauw(Blue)"だった.あとは,"Street"が"Straat"みたいに母音が違うのが多い.

ま,一番大事なバス停や駅の名前がちっとも覚えられなかったんだけどねー(景色を覚えてたからいいんだけど).OorsprongparkとかDe HoogStraatとかは何度も降りてるうちに覚えたけど,Langeveldgebouwとかはちょっと...(読んでみてくれ)

世界一周旅行 8日目: オランダ着

起きたらもうエジンバラ上空とかだ.やっぱ疲れてると飛行機もすぐだなー.そしてアムステルダムのスキポールという空港に到着.ニューヨークからアムステルダムは7時間.23時に出て,7時間経って,時差で6時間経って,ちょうど正午ごろ到着.

入国審査.何も聞かれず.いつもEUパスポートかどうかで窓口が違ったりするけど,そんなこともなく.むしろ窓口が1つだけで,何も見ずにハンコ押してる感じ.そんなんでいいのか.後ろに日本人がいて,「オランダ人は英語しゃべるからいいよねー.イタリア人はバカだったからさー.」とか言っててとてもへこむ.アメリカで,英語聞き取れてなくて聞き返したりして,「なんだこいつ」みたいに思われてた自分はいったい...

そして電車でアムステルダムの中央駅へ向かう.切符の自販機,最初に試したのはクレジットカードのみ可.おっと,と思ってコインを入れられるのを見たら今度はボタンにオランダ語しか書いてないーーー.わからんーーー.「2等・今日のみ・片道」と駅員さんがすぐにボタンを教えてくれたけど.

15分くらいでアムステルダムの中央駅へ.コインロッカーにまず行ったらいっぱいだった.そりゃ午後1時だもんな.カウンターに預けるのもあったので,そっちに並んで預ける.なんか周りに韓国人がやたらいた.韓国人だと思われたのか,後ろに並んでた女の子集団に,韓国語のガイドを指差しながら話しかけられた.英語で答えたら相当あせってた.日本人並みの英語で精一杯"How much?"とか言ってた.

アムステルダム駅のまず裏側に出てみる.港がすぐそこ.みんながすごい自転車で走り回ってる.そして観光クルーズがあるようだ.いいなー.チェックチェック.
amsterdam1

そして駅の表側に.いきなり全方向にそれっぽい(?)建物が見えていい風景だ.
amsterdam4amsterdam3amsterdam2

そしてすぐ運河.駅の周りを同心円(の半円)状に運河が何本も取り囲んでる形(地図はこちら).おもしろいねぇ.さすが水の国.
amsterdam5

そして振り返って駅を見ると,東京駅だー.東京駅はこの駅をモデルに作ったらしい.
amsterdam6

通りは観光客だらけ.とりあえず少し歩いてみる.Sex Musium...なんだ...自転車専用部分があって大量に自転車が走ってる.そしてすぐに王宮(?)に到着.振り返るといい感じ.
amsterdam7

王宮(?)では写真頼まれまくり.1人でぶらぶらしてるからか?ティガーいるし.
amsterdam-palace1amsterdam-palace2amsterdam-palace3

土産屋をのぞいたりして駅に戻る.オランダ土産と言えば...木靴,キス人形,そしてチーズは土産屋にはない,と.そして大量のポルノポスターが...そういえばアムステルダムの東側は"Red light zone"と呼ばれ怪しい看板であふれる一大"Buy Spring"地帯(公認)なんだっけ...日本語では「飾り窓地帯」(←ずっとステンドグラスがきれいな地域なのだと思ってた).

そして何かポテトがよさげなので,ちょっと一休みしてポテトを.ケチャップかマヨネーズかカレーソースをかけられるとのこと.それならマヨネーズとカレーソースでしょう.大量のポテトに直接どばどばかかってる.へぇ.

明日からの会場とホテルはユトレヒトなので,電車に乗って移動.20分くらい.で,駅からどうするかなぁ.何かバスでの行き方も出てたんだけどね.「Oorsprongparkでバスを降りて,...,Buys Ballotstraatを左に,Cornelis Houtmanstraatの突き当りを右に,...」うーん名前を見ただけでめげそう.straatはstreetなのか?っていうか曲がる回数多いし.面倒になってタク.

宿について一休み.ホテル内のプールとか見に行ったり.部屋が2Fでエレベータが遅いので,階段を使ったりしてたのだが,違う階段から上ったら建物の外だよ.しかも2Fは鍵がかかってて中に入れない.しかも1F戻ったら鍵が勝手にかかってて中に入れない.ここでオートロックかよーーー.閉じ込められたーーー.通りかかった人に救出してもらう.はぁ.

E陸さんが到着.1人旅じゃなくなったー.プールでちょっと泳ぐ.オーランドのホテルにもプールあったんだけど,あまりにもホテルの中庭のど真ん中で丸見えだし,子供ばかりでちょっと,という感じだったんだよな.水着を持ってくるのは忘れたけどオーランドで買っておいたのだ.

そして歩いて街の中心部へ夕食に.ホテルは公園というか林というかの中で周りには店はない.っていうか中心部にしか店がない.中心部まで行って迷った後,マックに.またポテト.今回もポテトにマヨネーズ(むしろタルタルっぽい)つけられるーーー.へぇ.

パリ&スロベニア記(4日目その1移動編)

今日は移動日。車でシャルルドゴールまで連れて行ってもらい、ちょっとお土産買っていざスロベニアの首都リュブリャーナ(Ljubljana)へ。スロベニアの通貨単位はTolar(普通SITと書くらしい)。1SITが0.6円くらい。ユーロにはまだ加入宣言した状態とからしい。さぁ両替。「Tolarありません」言われたよ。あれれれれ。

飛行機へのバスに乗るので外でたら寒い!風が吹いて寒い!空港の人がブルブルガタガタしてるよ。苦しそうに"Bon Voyage"言われたよ。警備員がマフラーを顔に巻いて目以外覆ってるからむしろゲリラかテロリストみたいだよ。飛行機は予想通り小さいやつ。前輪は自転車のタイヤより小さい感じ。幅的には1列3人(通路を挟んで1人、2人)でアメリカで乗ったやつと同じだが、アメリカで乗ったやつの方が縦に短かった気がする。フライトは1時間半くらい。特に何もなく。
smallplane

せっかくなのでスロベニア語の基本語彙を予習だ。英語通じるらしいがね。"Hello=Pozdravljeni" ・・・ ○| ̄|_ ムリ。・・・どう読むんだろうか。短い方を覚えよう。"Hello=Zivio"、Zにはかつて見たことのないアクセント記号が( ^ が上下反対になったもの)。子音にアクセント記号がつくのか。どうすればいいんだろう。もういいや。ちなみに後で調べたらこれらは見つからなくて、普通使わないようだった。見たのが古かったのかな。"Dober dan"みたいに言うらしい(たぶん"Good afternoon"に相当)。

その他"Thank you=Hvala"、"Please=Prosim"。これなら覚えられるかな。"Hvala"はHを読まない発音系統なのか、Hvで違う音になるのか。これは現地の人のを聞こう。後は、pivoがビール、vinoがワイン、これ重要だね。
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ