うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

助教のお仕事

ご報告4:お仕事のこと

近い方々には1ヶ月ほど前にお伝えしていたのと,twitterとfacebook上では朝に一通り皆様にご報告してたくさんの反応をいただいているのですが,こちらでも改めて.


本日11月1日付けで准教授となりました.

業界的には年功序列でもないし,助教というくらいの身分だと終身雇用でもないので、5年の任期が切れて就職活動をするというタイミングでした.が,結果として今の所属先で評価していただいて昇任ということになりました.なお,今は准教授でも任期付きが多いと思いますが,任期無しです.今でも,ほんといいのかね,と思いますが.

うちの機関の内部評価や外部採用のタイミングが夏で,内部なので早めに反映されて,11月というちょっと不思議なタイミングになっています.あと半年ほどは,部屋もそのままですし,兼任している大学院の方ではまだ助教のままだと思います.

「この年齢で」の前例など「上」をみると,やる気・申し訳なさ・危機感が数倍増した感じです.面接で弱点も当然見抜いた上で評価してもらえたこと,以前からこの若造に大きく投資してくれていることは,ほんと恵まれていると思います.

このブログのフィードを見て下さっているような近くの方々は,いいところも悪いところもいろいろ見えているのだろうなと思います.特に自分より若い方々には,とにもかくにも「こういうところは超えているぜ!ああいうところでも超えてやるぜ!」と思ってもらって,自分のすること・位置づけを決めて日々進んでいくときに何かしら一つの参考になればと思います.


というわけでこのブログのバージョンも3.0に上がりました.実は助教になったときに2.0にして今まで1年に0.1上げていたのです.それではもう無理な気もする(10年後,何の区切りでもないのに4.0になってしまうかも?次は何?次の次は何?)ので考えます.まぁ来年仕事辞めて4.0になってたり人生何があるかわからないでしょうけどね.

twitter(&facebook)でしょうもないことを書いてばかりですが,このブログも役に立つことをもっと日々書きたいです.と5年前に助教になったときに書いている気がしますが,まぁほどほどに.

アイルランド出張2回目の1: また来た

先週は帰国直後から,某フォーラムのプログラム編成会議の取りまとめとか,PCをしているユビキタス系国際会議の査読とか,産業界向け講義・セミナー2ヶ所とか,ちょっとした〆切や準備が多くて,久々に1週間始発出所で時間をフルに使い切った感じ.夜の懇親会的なものも,2つあった(あと1つはさすがに遠慮させていただきました)ので,さすがに土曜は力尽きてました.まぁ飲みに行きましたけど.

ちなみに先週日曜にアイルランドのシャノン空港から帰国したわけですが,その翌日,某企業での打ち合わせ後に連れて行っていただいたお店がアイリッシュパブ「シャノンズ」だったという奇跡.


そして今日,またヒースロー経由でアイルランドに来ました.全く別件で同じ場所の同じ大学に行きます.しかも会場の建物まで同じだという.特に何もすることがない田舎だということがわかったので,昼間のお仕事が終わったら引きこもって仕事が進むのだと思います.せっかく22時前まで明るいのですけど,ねぇ.

評価面談(2)

ちゃんと書こうと思ったら大変なことになったので簡単に.


結局,自分の目指している(目指してきた)ことが非常に重要であり,かつ自分のやってきたことが大きな成果を上げている,ということを示せばよいわけですよね.

前者については,まず自分のビジョンが他者を納得させるようなものとしてあり,それに対して客観的な証拠(国内外の動向・産または学の動向等)がを出せばよいわけです.

後者については,まぁ単純ではないです.まともな会議で採択率も15%とかの会議に,日本から一番通している,とかそういう話が何とかできてよかった,という感じ.もちろんそんなこと,ある一つの側面からの評価でしかないわけで.


任期はあと1年半.まぁがんばっていくしかないですね.

評価面談(1)

今日は職場で,年に一度の評価面談.トップ陣に,ここ最近の成果報告とこれから数年の活動報告を行う感じ.

まぁ1年に250日,8時間ずつ勤務するとして,2000時間あります.それをどう使うかは基本的に個人の裁量(便利な言葉ですね)なので,それで何を成し遂げるか・何を成し遂げたかということです.

それだけ自由だと自己管理も難しいですが,自分のために自分で時間を使ってやっていける素敵な場所です.「上司」「会社」に振り回されるだけということは基本なく,何よりも「上司のせい」「会社のせい」にすることにより思考停止になり自分の成長を止める,ということもしにくいですよね.たぶん,一番怖いのはそういう逃げ.人間なので当たり前ったら当たり前なのですがね.

もちろん大学ほどではないですが,いろいろな責務もありますし,人によってはかなり組織としての仕事にコミットしているのかと思います.自分の場合は,実質的なボスの配慮もあって,特にここ2年ほどはかなり自由にやらせていただいています.


昔は,「自分の研究なんて早朝と深夜と土日にやるんだ,平日の勤務時間は組織と周りの人のために使うんだ」みたいな思想の時期もありました.「自分の研究の時間をとりたいところなのに」とか少しでも思ってしまい,それが一緒にやっている事務方さんや学生さんや諸々の方々に伝わると決してハッピーではないと思っていたのです.もう「ぼーっと座っているから好きに使い給え」くらいの気持ちでどーんといて,その代わり早朝とか土日の空いている日は自分のことを集中してやるようにしよう,と.

最近はそこまで悲観的?ではなくなって,平日にもまぁ時間はあるし,土日もお出かけしたりちゃんと休んだりしています.まぁ6時くらいに帰ってご飯を作ってぼんやりしていたり,逆にのんびりしすぎのような気もしてきたので,少なくとも平日は気合いを入れ直して踏ん張らねばですね.


明日は業績の中身自体の話もちょっと.

助教バージョンアップ

「うぃんつり2.3」のバージョン部分は何なのか,とたまに聞かれるのですが,
  • 学生を終えて助教になったときに2.0になりました.
  • その後1年経つたびに小数点第一位が増えています.4月に切り替わります.1〜3月の間はβとかRCとかついてますが,それは単なる気分です.
  • 次のステップへ進むと3.0になります.年をとって隠居した後の次のステップで15.0くらいになる予定です.でもその頃はこういう「Webサイト」という形ではないでしょう.


「助教」という仕事をして,この4月で4年目に入りました(「助教」という2007年に導入された地位については昔書いています).任期は5年なのであと2年です.あら大変だわ.
↑ 「大変」だと思われているようですが,楽しく好きなことをやってお金をもらえているので幸せなだけだったり.あと,「一生安泰」みたいなことを感じてしまい,無意識にでも「成長」を止め,「様々な選択肢」を考えなくなる方が先々怖いと思いますが.


こういうアカデミックの「研究教育職員」,昔は任期なしでしたが,今は基本任期付きですし,(機関・大学ではなく)プロジェクトでの数年雇用の人が多い気がします.

ただ,上から言われたプロジェクトの仕事だけでヒイヒイ状態で,自分の成果を出せていない人も多いように思えます.会社に終身雇用,ならともかく,いつか自分で勝負しなきゃいけないのですよね.その意識が薄い人は勝手ながら心配になってしまいます.自分は幸いそういう状況には入っていない(もちろん周りのおかげで)ですし,偉そうなことを言える立場ではないですが.

「ソニーの誰々です」とか,「凄い組織!(の兵隊です)」という生き方はあまりできない世界なので,「○○の誰々です」と自分の成果物とか得意領域を枕詞にできなきゃいけないんですよね.これは恩師の受け売りですが.


一方で,最近うちの職場なんか特にそうですが,昔より多様な価値も認められるようになっている(というか求められている)ように思えます.

例えば,技術的ブレイクスルー(新しい技術を産み出すことによる価値)と,広く使われる成果物・事業・サービス(きちんと作り運用することによる価値)とは,必要なスキルも,それが役に立つ時代も,その価値がわかる人も,全然違うことが多々あります.「研究者」としての価値は,一般的には前者の方に強くあります.でも後者の必要性と価値も,昔よりは認められてきているように思えます.

後者にもけっこうな重みを置いているのは,うちの職場が特殊(大学ではない,歴史的に図書館系の事業が強い)なのかもしれません.「大学共同利用機関法人(謎)」なので.

何にしても,難しくて面白い(英語ではchallengingで一言で済むのですが)世界です.

新年度

今日は年度の開始日.いきなり周りにいる人たちがけっこう変わって不思議な感じ.

年上の方から見たら笑ってしまう話かもしれませんが,自分は今年度からの数年間が間違えなく全盛期だと思っています.周りの環境はびっくりするくらい最高,あとは自分次第.


とりあえず初日なので,現時点で見えている今年度の諸々を書き出してみます.まぁ去年も4月の時点ではロンドンに70日行くなんて全く想像していなかったですけど.

・ ICPC(国際学生プログラミングコンテスト)の東京地区予選をホストさせていただきます.

・ 今年もサービスコンピューティング時限専門研究委員会やっていきます.研究会を開催していくのはもちろんですが,まさかのCEATECにもからむことになりそうです.

・ もちろんサービスコンピューティング系は研究もがっつりやっていきます.自分自身が動くのは当然として,今年度は学生さんの数も多いのでいろいろ企んでいます.というか,早速今日からいろいろプッシュ.

・ 例年通り,トップエスイーで産業界の方々と関わっていきます.もちろん教える立場として出て行くわけですが,産業界の,大半年上の人たちと議論していくわけで,かなり自分のためにもなっているし楽しめています.始めた当初は正直ひどかったところもあったかと思いますが...

・ 形式手法系についてはようやく諸々整理できてきたので,もう少し研究その他に踏み込んでいきます.周りに散々お叱りを受けている,本の出版と,Webサイト構築についても,コツコツと動いています.

・ 「要求工学+法律」話は引き続きやっていきます.専門の方に「ambitiousだね...」というコメントをもらったり,無謀だった点もわかってきました.まぁうまく折り合いをつけます.

・ 今のところの海外出張予定.毎年恒例のパリは行きます.後はマイアミ,コペンハーゲン,シドニーあたりが候補.


これが「充実」なのか「無謀・口先」なのか.まぁがんばってみるので,今年度もよろしくお願いいたします.

年度終了

今日で2009年度終了.例によって先週あたりにいた人はどんどんいなくなっていって,明日からいろんな人たちが加わります.寂しい部分も嬉しい部分も.


2007年に博士をとって,これで助教3年目が終わったことになります.自分の中では,博士の途中からの5年間の半分は迷走していた,つまりビジョンの定義とそれに向かう準備・歩みの不足が大きかったと思っています.2009年度の後半になってようやく修正して方向性を整理できたように思います.

公式のホームページの「活動紹介」を見てもらうと,まぁいろいろやっておまえはどこに向かっているのか,と自分でもたまに思います.でもこれを説明する一枚のポンチ絵(古い?)も整理していたりします.昔ちらっと書いていますが,まぁ目指せ「器用裕福」です.「一芸」で通じる世界ではないだろうというのと,何より性格がそうじゃないんですよね.性格で云々なんて,普通の仕事を考えたらわがまま以外の何者でもないのですけど.


2009年度はやっぱり,2ヶ月間のロンドン行きがかなり大きかったです.このブログを読んだ方からは「楽しそうだね・・・」という皮肉?をいただいていましたが,あんなに(自分の研究を進めるための)贅沢な時間の使い方はもう二度とできないでしょう.そのひとまずの成果は5つほど外に送り出して評価してもらっているところです(実は今日も論文出しました).まぁどれもどう出るか難しい話なのですが,うまくはまると6月くらいに踊り回ってるかもしれませんし,逆に「・・・一兎をも得ず」でしょんぼりしてるかもしれません.


このブログはまぁ日常垂れ流しですが,何らかの形での知り合いにちびちびと見ていただいているようです.今年は,仕事で知り合った方に見ていただいている割合が増えたかもしれません.まぁアクセス数的には,実はN-06Aのレビュー記事がダントツですが...このブログのあり方も明日あたりから変えるかもしれません.


いずれにしても今年度も1年ありがとうございました!

もうすぐ年度終了

今週も盛りだくさんでした.というか,今年度はあと1週間弱ですが,かなり充実していました.こんなに幸せに好き勝手なことをやらせてもらえている仕事でいいんですかね.


月曜は祝日でしたが,遅ればせながらのホワイトデーお返しのために銀座を歩き回ってました.渡した後にWebで調べたら「楽天で大人気!」と書いてあってショック.これじゃ楽天で適当に済ませたみたいじゃないか...


火曜は制約ネットワーク,制約プログラミング系の大御所の方々の話を聞く.水曜は海外から訪問されている研究者の方との議論に呼んでいただきました.「ビジネスプロセス+義務論理」とか,興味ど真ん中のお話.「時相論理,Event Calculusと組み合わせるとこうなるよね,で,意図的に使っていない」とか,そういう議論まで自分のコンテキストど真ん中.2年前に自分が悩んだこととピンポイントで同じ話が出てきてびっくり.


木曜は,思いもしなかった方とお話しさせていただくことに.Webの力,検索で上位に来ることの力はすごいですね.でも,自分的にはやりたかったことの15%くらいしか到達しておらず本当に申し訳ない状態のWebサイトで,かつ実はSEOも何もしていない.そのWebサイトに限らず,自分が(ある意味で)片手間でやっていることなんて簡単に駆逐するくらいの若手専門家がたっぷりいないとおかしいんですけどねぇ.おかげでいろいろな機会をいただいていますし,自分にとってはチャンスなのかもしれませんが,それ以前に日本の人材レベル,技術レベル,知識・素養レベルの方が心配です...


今日はちょっとお呼ばれして,今から京都だか大阪だか奈良だかわからないところに行ってきます.これも楽しみ.


助教になって3年が過ぎようとしていて,技術的,非技術的なことについていろいろビジョン,方向性,学生さんや関連する方々に自分なりに伝えたいことも定まってきました.上のように結局自己満足の垂れ流しでもありますが,毎日いろいろ書きたい,伝えたいことは山ほどあるので,このブログも「日刊」に戻そうかなぁとも思っています.

10年前の自分がおかしい

先週あったこと.


熱海出張.熱海はサークルの合宿だのなんだのでけっこうな回数行っているけれども,いい食事処といいホテルを改めて発見.ホテルは崖の上に突き出したコテージ2階構成.コテージ内は居間と寝室が分かれており,カラオケもあり,外にもお風呂付き(ただし温泉ではなくただの浴槽).名前的に,値段的に,そんなところだとは全く思ってなかったのですが.

まぁそっちはおまけなのですが,上の人たちが向かう方向・あり方について2時間半ほどみっちり議論する中に混ざらせてもらったり,自分の研究の話を1時間半ほど聞いて議論してもらったり,楽しかったです.

梅の季節のようでしたが,もちろんこだまで即帰京.熱海でも迷わずこだまに乗るようになったのはいつからだろうなぁ.


その後も,説明会的なもので気がついたら3役の担当になっていたり,企業さんにお邪魔させていただいて発表・議論させてもらったり,盛りだくさん.さらに年度末とあって,些細な報告書&申請書を10件ほどガリガリ処理.国際会議の査読6件の〆切も重なってました.土日しか打ち合わせできない方々とちょっと会ったりもしてたり.


そんなわけで,論文を3本登録してあったのですが,実際には完徹して1本だけ何とか出せた,という状態(← 今ココ).1本目の途中で詰めが甘いのに気づいて,半日考えて全書き換えした手戻りが大きかったですねぇ.

でも,〆切後も3日ほど猶予があるようなので,これはまだ踏ん張れということなのでしょうか.もう連続完徹とかはきついんですけどねぇ.

和民バイト週7(深夜勤務含む),予備校バイト週2,サークル週3とか行ってた10年前の体力を今一度.

誕生日&最近の想い

今日,30歳になりました.このブログの「20代助教の・・・」という飾りもなしになりました.「30歳」と「30代」は何かイメージがだいぶ違う気がするので,「30代」とは書きません...


先週はなぜか「お誕生日会」なるものを,行きたかった石川亭2号店でやってもらいました.今日も電話&メール&チャットでもいろいろメッセージをもらいました.ほんとありがたいです.


30代になったから,というのは特にないのですが,仕事については今が自分のピークだと思っています.
  • 「研究」としての定義・要件が,(曖昧であっていい部分も含めて)はっきり見えた.「研究」と名乗っている,「その人たちにとっては進歩だが世界的には遅れている」「表面的には一見新しいが,本質的にイノベーションではない」などなどにならないための考え方が自分なりにはっきりした,ということですかね.

    「初心者の 上級者への道のりは 己が下手さを知りて一歩目(by 安西先生)」なので,世界トップレベルの研究者の一歩目に過ぎませんが,それを無視してやっている人が多くいるのも事実です.

    あとは,それらの要件を「満たした結果を出した」と,世界トップレベルの人たちに対して胸を張って言える状況にいつ持って行けるか・・・ですね.

  • 上記も含め,積み重ねがある程度の武器になる程度に溜まってきた.

  • まだまだ自分自身の頭と手を動かしてやれる.頭のキレや実装力でも,学生さんたちにまだ負けられん.

  • ソフトウェア領域の研究をするのには十分な資金を使える.

  • いろんな意味でかなり優秀な方々(自分のあるべき姿について自然と強く考えさせてくれる方々)に囲まれている.

  • 自分が元々好きな,学生さんとの相互作用(研究的観点or教育的観点)もたくさんでき,彼らを率いてやっていくこともできる立場である.

  • 組織的,政治的な面倒にまだそれほど労力をとられない.

あとはそろそろ,人生3度目(たぶん)のモテ期希望.
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ