うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

中国

北京+パリ出張4日目: 大移動日

今日は移動日.いろいろな事情があって,北京から成田経由でパリ.


まずはホテルからタクシーで空港へ.前回は中心部でお友達に会った後電車で行ったのですが,今回はもう面倒なのでタクシー.1時間弱乗って1500円しないですしね.

北京空港にあった和食のお店,うどんにマグロの刺身が入ってました.ちょっと試す気分ではありませんでしたが.


そして成田へ3時間ほど飛ぶ.ほどよい作業時間.

成田到着後はシャワールーム.第1ターミナルの2Fはシャワールームだったのですね(いつも4Fから出発,1Fに到着).30分500円,シャワールーム自動洗浄機能とかついてました.

さらにユニクロと薬局で必要なものを補充.今回は真ん中で洗濯なんてしているタイミングなんてないのに,日数の半分+お洗濯セットを持ってきてしまったという.あと,普段使っているコンディショナーを持ってきたら,もうほとんど残ってなくて1日目にして空になったという.海外出張ももう15回目とか20回目(数えてない)なので,準備が適当になってきてます.


再度チェックイン.今からパリに飛びます(今ココ).

北京+パリ出張3日目: 食べ過ぎ

ワークショップ2日目.日本側からは15人くらい行っているので2日みっちり.9時から5時とかの間,書いていませんがちゃんと仕事はしてます.


2月に来たときも6月に来たときもそうでしたが,中国に来てイベント側で食事を用意してもらえると基本バイキングというか食べ放題になるので危険.2日連続で昼・夜と中華のあの円卓?だったわけですが,常に10品以上出ている気がします.普通に「取りに行く」バイキングとも違って,ぐるぐるといろいろな料理の皿が目の前に来るからどんどん食べちゃうんですよね.肉を食べ終わると目の前に野菜が来て,それを食べ終わると目の前に魚が来て,みたいになるので飽きないですし.もともと料理の数も多いのにそれが何度も目の前に来るので何度もとってしまうという.

酢豚みたいに日本でもよく食べるものも多かったですが,日本ではしないアレンジだけど食べ慣れている味なのでおいしい,っていうのも多かったです.
・ 「チキンのアーモンド揚げ+抹茶辛子マヨネーズ」
・ 「豆腐の揚げ物+餃子のたれ的な醤油」
・ 「ダックの舌のテリヤキ」
とか.


今回ドイツ人の子たちを連れて行っていますが,ダックの心臓とか,なまことか,あとこんなのとか出てきて,ちょっとびっくりしていたみたいです.

昔どっかの国際会議のバンケットでも,なまこについて隣の人に一生懸命説明してあげたことがありました.「"Sea Cucumber".大丈夫だ,問題ない」と言ったところで,ネイティブじゃない人だとそんな単語はまず知らない,そしてどの生き物なのか通じたところで,食べるとは思いもしないですよね.


今日の夜は老舎茶館というところに連れて行ってもらいました.老舎という作家の方に由来するところだそうです.

「女子十二楽坊のおばちゃん4人版」みたいなのと,影絵を見ました.影絵のネタは「漁夫の利」.ハマグリと鳥が戦って硬直しているときに漁夫が両取り,というやつ.日本人だとわかるけど,欧米の観光客の人たちは果たしてわかったのでしょうかねぇ.ちなみに,ハマグリ(の殻の中にいるもの)は女性として擬人化されてました.


楽しそうなことばかり書いててすいません.今回は体力温存重視&CEATECなどもあってすでに体力が尽きているので,早朝・深夜のお仕事は控えめです.明日は4時間弱だけ一時帰国します.

北京+パリ出張2日目: 再・北京ダック

最低気温が10度ちょい.朝方冷えます.


例によって3時間睡眠くらいでどたばた準備して1日みっちりワークショップ.結局自分の出番は明日になってしまいましたが(時間が押してて昼食が優先されたので).


6月に来たときと同じ北京ダックのお店に連れて行ってもらう.前回とは料理が違いましたが,まぁ基本同じ感じなので写真はそちらをご覧下さい.

でも1枚だけ追加.何か悟っているような不満そうな.
IMG_0535

今回は,郷に従っての白酒(50度弱)を1対1で乾杯(杯を乾かす的な意味で)は5杯くらいしかやっていないかも.前回のように70度とかは飲んでませんし.


ちなみに,Great Firewall of Chinaのため,twitterはもちろん見られませんが,このブログも含めlivedoor blogの画像も見えません.

北京+パリ出張1日目: Greedy

今日から北京.でも今日は移動するだけ.15時半発の便なので余裕かと思いきや,家で洗濯とか出勤して諸々印刷とかをしていたらけっこうギリギリでした.昨日は実はほぼ徹夜だったので体力的にも弱ってましたし.


7月にできた新しいスカイライナーようやく乗りました.この前のマイアミのときは,帰ってきたのが開業直前だったのですよね.

座席が広く(各座席におこうと思えばスーツケースを置ける感じ).そして電源付き(まずそこを見てしまう).成田エクスプレスだと東京から1時間で3000円(+東京での乗り換えはけっこう遠い,本数も少なめ?)のところ,日暮里から40分1200円.自分の家・職場からはもうスカイライナー一択ですかね.成田エクスプレスは大宮とかから一本で来られる,っていう売りもあるようですが今の場所だと全く関係ないです.

というか,今まで成田への専用線路がなかった(普通の線路を使って遠回りしていた)のが,ようやく専用のができたのですよね.この土地,どう確保したのかなぁと思いつつ見てました.


今年30歳になるまで中国に行ったことなかったのに,今年は2月,6月,10月と3回目.相変わらず人々の運転はアグレッシブ,とにかく進めそうならそっちに進む.歩行者もアグレッシブ,信号が赤だろうが行ける限り進んで車道の真ん中で渡れるタイミングを待っていたりする.

今回は北京大学内の宿泊施設へ.空港から中心部への道がけっこうな渋滞で,タクシーのおっちゃんは耐えられなくなったらしく路側帯を駆け抜けて高速を降り,その後も混んではルート変更したり高速を降りたり,30秒ごとに車線変更する感じでできるだけ前に出ようとしたり.Greedyアルゴリズムを思い浮かべますが,効果的だったかどうかは謎.

お土産(北京&NASA)

日常に戻って,今日の午後はまるまるプログラム委員会と講義.


今回の北京出張の自分向けお土産,竹叶青という緑茶を無難に.グラスに入れてお湯を注ぐと縦に立つ,らしいですが宣伝写真のようにはきれいには立たないですね.
IMG_0119
こうやってグラスに直接入れて,ちょっと経って葉っぱが沈んだところで飲むのです(とさっき検索したら書いてありました).

前回ハルピンの時はお店に行く時間など全くなかったので,空港で無難そうな鉄観音とジャスミン茶を買ってみたのですよね.そのときのパッケージ.
IMG_0118
「現代バイオテクノロジーのた用にて精制」とな.

昨年末のロンドンでは大量にフォートナムメイソン買ってきて朝昼晩と飲んでいたし,もうお茶ばっかり.


ついでに,NASAの方々にいただいたお土産(の一部).ノートと,宇宙食のアイス.
IMG_0120
宇宙食は,昔オーランド(ロケット発射場がある)に行ったときに空港で見た気がします.あと帽子とかももらったのですが,どうすればいいのかな.

8年ぶり再会@北京

今日は帰る前にちょっと寄り道.


天安門広場.なにこれ広い.広場ってレベルじゃない.
IMG_0101 IMG_0108


お茶を買って,大学生だったときの予備校チューターバイト時代の知り合いとランチ.なんと8年ぶりに北京で再会.

ちなみに創作?北京料理.
IMG_0112


故宮に行く時間なんて到底なかったので遠くから.
IMG_0117
秋にもまた来るのできっとそのときに.


おまけ:泊まったホテルのドアにいたどこかで見た犬.
IMG_0054

北京出張(ほぼ夜の部のみ)

北京大学へ.9時〜18時みっちり打ち合わせ.

お昼の散歩のときの風景.大学構内なのかこれ.
IMG_0062 IMG_0072
IMG_0063

夜は北京ダックのお店に連れて行ってもらう.うまー.
IMG_0080 IMG_0085

郷に従い,白酒で乾杯(杯を乾かす的な意味で)をみんなでひたすら繰り返してました.何か,大学時代のサークルの飲み会に戻ったような感じ.ただし53度とか70度とかの白酒だけを2時間半の間ひたすら飲み干し続けてました.たぶん4本くらい空けたのかと.
IMG_0081 IMG_0084

仕分けの話・補足(北京から)

今日はオープンハウスを途中で抜けさせていただいてドタバタと北京へ移動.関係者が顔を合わせてみっちり打ち合わせできる日を調整したら土曜しかなかったという.

2月にまさかのハルピンに行ったのに続き,中国は2回目.相変わらず運転がアグレッシブ,そして交差点がカオス.タクシーのアグレッシブな運転のおかげで思っていたよりもずっと早くホテルに到着したものの,チェックインで30分ほど待つ羽目に.何か,格安でビジネスルームにしてもらえる,という話で混乱したみたいです.けっこういいホテル.

昨日書いたNASAとクラウドの話とか,いろいろ書きたいことはあるのですが,どれも中途半端に関わっている身なので,ちゃんと整理する時間ができたらきちんと書くと思います.


以下仕分けの方について軽く.

特に仕分け(文部科学省の行政事業レビュー),もう書いてしまいますが,「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」の話は,「廃止」という言葉も一部一人歩きして,いろいろな感想が出ているみたいですね.

まず,「日本の科学技術(というかICT)にとってこんなに重要な話が廃止だなんてけしからん」という気持ちをまず強く感じるのもよくわかります.個人的には,「こんな素敵な話,自分が学生さんのときにあればなぁ」とか思います.また「そこは違うかなぁ」と思う評価コメントもあります.議論のコンテキストをすべて見ず,一部の方がtwitter等に残した「極端な部分だけ切り取ったかもしれないコメント」を後から見ているので,何とも言えませんが.

一方で,いろいろな要素が複雑に影響する中で現実にやってみた結果「改善の余地」も多々あるのは当たり前でしょう.また,そもそも今年度で終わる予定の事業である点とかはあまり把握されていないと思います.つまり「実質的には(ほぼ)終わった話」に対して「ここがよかった・悪かった」という話がいろいろ整理されていて,その中には「東大等の特定大学だけを支援するのはやめて,全国の大学どこでもできるように支援していかないとおかしい」というタイプのダメ出しも入っているわけですね(まぁ「広くやる」というのはそんな簡単な話ではないですが).最後に,「明日(なり半年後なり)関連することをもう全部やめてしまえ!」という乱暴な話でもないわけで.

まだ情報が断片的ですが,そういう側面もあるということは書いておきます.たぶんこれ以上の情報は入らないでしょうが.

ハルピン出張(後): 帰国

ハルピンから帰ってきました.お仕事の中身の話は後日改めて書きます.


結局,前回書いた「氷と雪の彫刻祭り」の「氷」の方には行きませんでした.バスから眺めたので自分は満足なのですが,写真はありません.「最後のお祝い会(場所は着くまで秘密)でそこに連れて行かれるだろう」と勝手に思っていたのですが,連れて行かれた先は普通の大宴会場で,雑伎団みたいなのを見ることができたくらい.


今回の出張は14食連続ビュッフェ.ロンドンで減った体重を取り戻してさらに追加してます.もちろん主に中華でしたが,場所柄ロシア風スープが出たり,欧米の人たちのために餃子の隣にハンバーガーが置いてあったり,けっこうバラエティ豊富でした.

逆に,名物を食べに行ったりはしていません.ビュッフェの中で普段なかなか食べないのはドラゴンフルーツくらいでしたかね.あとは,日本のお祭りで売っているような綿菓子があってちょっとびっくり.


自分向けお土産コーナーに今回のお土産を追加.
P1010601 P1010599
明らかに中国土産ではないですが,ハルピン土産としては合っている,はず.

あと,ダウンジャケット,ほかほかの帽子(耳当て付き),貼るカイロ(日本製)などなどをたくさんもらいました.マイナス20度のハルピンでは大活躍したのですが,もう使いそうにありません...

ハルピン出張(中): 「雪」の彫刻編

今回は国際会議ではないのでいつもと勝手が違い,日常仕事の時間が全然とれてません.朝7時半くらいにバスに乗り,帰ってくると22時くらい.その間ネットにつながらないので休み時間に仕事もできず,帰って3桁のメールをひいひい処理.海外出張のときはだいたい自分の中で「ホテル缶詰で研究合宿」をやっているのですが,むしろ日常仕事が滞って皆様にご迷惑をおかけしております...


そんな中恐縮ですが「国際氷と雪の彫刻祭り(Harbin International Ice and Snow Sculpture Festival)」に連れて行かれたので,その写真を.「氷」の方がすごいらしいのですが,そっちはパスしてしまいました.

そんなわけで「雪」の方の写真だけ.

P1010457 P1010482
P1010471 P1010470
P1010459 P1010458

青いダウンジャケットは,決勝戦まで勝ち抜いた世界トップの学生プログラマたちです.
P1010462 P1010467

犬ぞり.
P1010480

めちゃくちゃでかいです.右側は滑り台.痛そう...
P1010478 P1010476

毛沢東さんが見てるぅ
P1010473 P1010477
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ