うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

ロンドン

アイルランド出張1回目の1: 懐かしい(ロンドンが)

そんなわけでアイルランド出張.

引っ越してから成田が遠くなったと思いきや,東松戸からスカイアクセス特急なるもの(実体は北総線?)に乗れることがわかり,結局ちょうど1時間.

まずはヒースローまで.飛行機ではひたすら作業.ちょっと前から使っているVAIO Zで大容量バッテリを初使用.スタミナモードにしたら,12時間のフライトのうち離着陸と食事時間を除いたちょうど8時間くらい?ばっちり保ちました.これはいいなぁ.


ANAからエアリンガスに乗り継ぎというマニアックなことをしてしまったので,ヒースローではいったん入国.航空会社間の連携契約がないから荷物を渡せないんだそうです.ヒースロー乗り継ぎなんだからどうして普通にBAにしなかったのかと問いただしたい(自分も旅行会社の人も).確か原発云々で日本以外の航空会社は本数減るとかそういうの気にしてたのかな?そして荷物にお土産の日本酒を入れてしまったため,荷物を機内に持ち込むこともできず預けるしかなく.

EU外から来ると入国に1時間弱並ぶのもいつも通りでぐったり.この時点で日本時間ではもう24時過ぎ.

1年半前に2ヶ月半ほど滞在して以来の,久しぶりのロンドン.M&Sとかbootsとかお店も懐かしい.空港もあちこちよく覚えていて懐かしい(その2ヶ月半の間に5回ほど使ってたので).


荷物を受け取って再びチェックインしたら,別便の人たちとたまたま合流.何となくパブへ.海外出張初めての学生さんたちに「イギリス料理」のなんたるかを体験してもらうのもいいかね.と思ったら,自分もかつて経験したことがないほどの凄さでした.いつも通りのグレイビーソースのパイはまぁともかくとして,無難なはずのハンバーガーやカレーも半分くらいでめげるという事態に.


その後1時間ちょいで,アイルランドのシャノン空港というところに到着.現地時間夜9時だけど,まだまだかなり明るい感じ.そして寒い.たぶん10℃くらい.

ホテルに着いたら日本時間ではもう朝6時.お風呂入ってメール返事しまくってとりあえず寝る.

天野喜孝展とか

仕事についていろいろ書きましたが,まだメリハリをつけて,遊ぶときは遊べています(見ないふりをして遊んでいます).


のだめ劇場版前編.今まで単行本で読んできましたが,音楽がつくと違いますね〜.ドラマのときも思いましたが,あの本(というかキャラ)を違和感なく実写化できてることがすごいです.


そしてはからずして天野喜孝展に遭遇.無料で入れてポスターまでもらえるとは.

おなじみのものとしてはみなしごハッチやヤッターマン,そしてもちろんFFの各シリーズの絵が展示されていました.その他オリジナル作品も多数.

子供の頃から当たり前のように見てきている絵なので,何か感慨深かったです.子供の頃は変な絵だと思っていたこともありましたが,今こうちゃんと見ると,色使いとかいいですね.

一番安い絵(複数枚用意されているFF系の絵など)なら冬のボーナスをはたいて買えるくらいだったのですが,さすがにそんな衝動買いはせず.というか,今の家だとその額に見合った飾り方は到底できません.


そういえば,ロンドンから帰ってきてまだ1ヶ月たってないのですよね.もうすっかり日常に戻っています.そして痩せた分はどんどん戻ってきてしまっています.

あっちは大寒波で大変なことになっていますね.先週知り合いがロンドン経由で東京に来たのですが,1日半くらいヒースローで待たされる羽目になったそうです.実は自分は,絶妙に大寒波をちょうど避けて帰ってこれています.


今週は倉敷にちょっと行ってきます.両親の実家が愛媛なので,岡山で乗り換える(そして桃太郎弁当を買う)ことは多かったのですが,その辺で降りるのはたぶん初めてです.倉敷マスカットスタジアムくらいしか思い当たりません.

ロンドン+α生活 おまけ2 お土産

ロンドンの話,いい加減ラストです.お土産のこと.基本的に,誰にどれとか計算しないでよさげなものを見つけ次第買ってきたので,大量にあります.実は,事前に15kgクロネコヤマトで送ったのに,スーツケース重量制限超えて空港で中身出して手荷物にしてます.どんだけだし.

が,思ったより人に会わなかったり,渡しそびれたりで余ってます.

でも好評でよかったです.
Fortnum & Masonのクリスマスティー.何かスパイスとかオレンジピールとか,かなりいい香り.三越では売っていないようでよかったです.
PRESTATの,エリザベス女王御用達ホットチョコレートドリンク.
・ Duchy Originalsのチャールズ皇太子御用達のショートブレッド.何か「ありえないおいしさ」絶賛されました.


自分にはドイツのビールとグラス.ドイツは16世紀に「ビールの材料」に関する法律を定めていて,ビールに入れてよい原料が決まっています.そんなわけで保存料とかは入っていないので,日本ではあまり売ってません.あとグラスでかい.さすがに1リットルジョッキは買ってきませんでしたが.
P1010453



やたらマグネットがたくさん.あと小物がいろいろ.

ストックホルムのトナカイトレイ.
P1010446

スウェーデンの木の馬と,ミュンヘンのクリスマスマーケットの飾り.
P1010451

ロンドンバスキティ.今回はバスに毎日乗っていたので思い出深いです.
P1010452

ロンドン+α生活 おまけ1 帰国後

帰国後3日が無事経過.時差ボケを味わっています.ヨーロッパから戻ってくる方がつらいと言いますが,普段の1,2週間の海外出張とはボケ具合が全然違いますね.ある日突然,15時に寝て21時に起きる生活に変わった,ということになります.

とりあえず朝は4時とかに目が覚めます.体的には「昼寝」なんでしょうかねぇ.

夜には早速,お帰りなさい会をやってもらったり,某三角関係(が結局解消しない)映画の21時からの回を新宿に観に行ったりしてます.なのでちゃんと24時くらいまで起きられていたのですが,今日は祝日で「夕寝」してしまったので生活がおかしくなりそうです...


まぁ10週間いなかったくらいでどうこうっていうのはないですが,神田達磨(小川町の行列の鯛焼き屋さん)が神保町やら上野やらあちこちにできていたり,神保町の牛角食堂がなくなっていたりしてびっくり.

ロンドン(とかストックホルムとかミュンヘン)の方が寒かったので調子に乗って薄着でいた(あっちで着てた服全部クリーニング出した)ら,東京もそれなりに寒いっすね.自宅&職場付近はビル風が強いから体感温度が低いのかもしれません.

家に帰ってきてハッピーなのは浴槽,ウォッシュレット,浴室乾燥.アイントホーフェンとミュンヘンのホテルでは浴槽がありましたが,基本的にずっとしょぼしょぼシャワーを浴びてました.あとあっちでは基本部屋干し.部屋干し臭がつかないようアロマキャンドルがんがんですが,最初はその臭いにびっくりしました.

ロンドンでは何か痩せたみたいです.まぁだいたい1日2食,それもブランチはサンドイッチのみ,とかでしたからねぇ.が,この3日間で,野らぼー,ばる,オオドリー,東京純豆腐(スンドゥプ)と昼・夜あちこち食べ回ってるので,あっさり元に戻りそうです.


あっちでは「クリスマス&新年(合わせて)よい冬休みを!」ですが,こっちは別にクリスマス休みじゃないんですよね.まぁでも,皆様よいクリスマスを♪

ロンドン+α生活 70 帰ります

そんなわけで帰ります.今日は,日本の人とSkype打ち合わせをしたりしてのんびり徹夜.時差調整&飛行機で寝るため,です.


自分にとっては,どうでもいい日常が思い出深くて,何か寂しいです.


ビールは安い.6本で5ポンド(750円)とか,バラでも1ポンド(150円).毎日のように違うビール.ポーランドビールとか飲んでみたりも(EU加盟後,東欧から出稼ぎにたくさん来てるはずなので,そういう人たちがやってたスーパーだったのかも).
Poland Beer

家で飲むときはだいたいwasabiの太巻きセット6.5ポンド(970円).ガリ,わかめ,枝豆,胡麻和え,刺身,寿司と種類が多いのでそれだけで十分.
wasabi寿司セット


実はけっこう行ってるラーメンりょう.和食が食べたいというよりも,いろんな具が入っているアジア飯は貴重.そんなわけで常に五目ラーメン.
ラーメンりょう

ラーメンりょう,らいすわいんショップ(日本食料品店),そしてジャパセン,三越と日本人が集結しているPiccadilly Circus.エロスの像は雪よけ仕様&ミュージカルのポスターもクリスマス仕様.
Piccadilly Circus


最初は「こんなの食事じゃない」と思っていたのに,最後の方はWhite Teaをつけて毎日のように食べていたPRET A MANGER.無料無線LANがあるので,そのままのんびり.
PRET A MANGER
東京では出店後すぐ撤退しましたが...まぁ500円出してサンドイッチを食べたいか,という話はあります.

コンビニから駅の売店まで,Krispy Kremeの誘惑が多い.買ったときには素敵なスノーマン,だったもの.
Krispy Kreme


Stoke Newingtonにはもう来ることはないかもしれない.King's Cross,Victoria,London Bridge,Waterlooとだいたいどこにでもバスで1本のけっこういい街.

Stoke Newington Churchが実はかっこいい.
Stoke Newington Church

Seventy Three to Stoke Newington.
73

ロンドン+α生活 69 「研究生活」の話

今日は居候先への贈り物を探し回った後,大学に寄って鍵を返したり挨拶したり.事務の方々がみな名前を覚えてくれていたのに感激.日本人の名前なんて覚えてくれようとしても難しいよ.


10週間,あっという間でした.「違う生活を楽しんだ」のは今まで書いてきた通りです.ここにはあまりまじめなことを書いてませんが,研究者としては来てよかったな,とつくづく思います.というか,東京を離れてよかった,というのが正しい言い方ですね.

この仕事はおおざっぱには,「結局,自分自身でどれだけのことを成し遂げられるか,それが本質の世界.ただし講義,学生指導,事業・プロジェクト運営,その他雑務が山ほどある中で自分自身のことなんて9〜17時の間にはまぁできない.」というところがあります.まぁそれはある程度事実かもしれませんが,一方でそういう状況が自分自身の研究を進めない言い訳になっていたのかもしれません.というか,いろいろやりたがり過ぎなんですよね,基本.

この10週間ほど,日本からある程度の量のメール・仕事は来ていましたが,かなりの時間自分自身とだけ向き合うことになりました.日々研究するという当たり前の習慣を立て直すとともに,いろいろなアイディアを整理してこれからの数年間について考えることができました.


もちろん,こっちの人たちといろいろ共同研究とかの話をできたというのもあります.あと,世界でのトップレベルだけを常に見てプロ意識を持って進んでいる人たちと「だけ」関わる立場というのはすごい贅沢.もちろん東京でもそういう人多くに囲まれている幸せな立場ですけどね.


それもこれも全部,こういう機会を与えてくれ,かつ支えてくれている人々のおかげです.本当にありがたいです.研究者としては「仕分け」されないように何にしても結果を出さなければいけませんが,雑務とかも含めて帰ったらガンガンがんばっていきます.

ロンドン+α生活 68 Peter Pan

今日はクロネコヤマトで荷物を発送.昔いろいろ書いたのですが,調べたら郵便局より安かったです.引き取りに来てもらうことはできるのですが,何時に来るか指定できないので持ち込み.

アパートの真ん前からバスを乗り継ぎヤマト(三越内)の近くへ.完璧,と思いきや,最後の歩き100mくらいがやたらつらかったです.着いたときに計ってもらったら15kgありました.道理で手がしびれると思った.まぁ数百ページある論文誌がいくつか入っている上に,わざわざ大きい段ボールを買い直してできるだけ詰め込みましたからねぇ.


ミュージカルに3回くらいは行くだろう,と思っていたのに全然行ってないので,シアター行ってきました.みんなが行ってそうなメジャーどころではなく,ちょっと郊外で1ヶ月限定のピーターパン.ちなみにピーターパンは舞台も作者もロンドン.

Peter Pan

大半家族連れですね.円形の座席の真ん中にステージがあり,20列くらいしかないのでどこに座ってもステージはすぐ近くです.

イメージギャラリーはこちら

めっちゃよかったです.これ絶対大人の方が楽しんでます.隣のお姉さんがガン泣きでしたし.しかしピーターパンって,ちゃんと話を見ると切ないところがもあり深い話...

ロンドン+α生活 67 初雪&UCL&居酒屋

朝起きたら(東京では午後),東京の人たちが「今日は寒い」とか言っていたので天気を見たら最低気温5度とかなんですね.こっちの最高気温がそんなもんですがねー.

そんなことを思いながら外に出たら雪!初雪です(ニュースになってました).


今更ですが訪問先のUCLの写真.雪写ってますがわかりますかね.
UCL UCL

伊藤博文などの記念碑.反射して写ってるものは気にしないで下さい(プレゼント用梅酒を抱えてます).
UCL

UCL=University College Londonです.「UniversityでCollege」とはいったいどういうことなのか,という話があるのですが,そもそも「ロンドン大学」とは何なのかという話があり,まぁWikipediaへ.7月に来たときにはImperial College Londonに泊まってますが,Imperial Collegeが「ロンドン大学」を抜けたのは2007年,最近なんですね.全然わかってませんでした.

まぁ実際「ロンドン大学」って考えることはそれほどなくて,UCLはUCLです.そういえば今年の某世界大学ランクではUCLは4位でした(東大は22位).


夜はfarewellということで「居酒屋」でおごってもらう.UCLのすぐ近くですが,本当に「居酒屋」でした.店内の感じはどう見ても神田かどっか.95%のお客さんはどっから沸いて出たのか日本人のサラリーマンで,日本語しか聞こえないし,店内にあるものも「みつを」カレンダーだったりするし,とにかく何かすごいところでした.刺盛り,串盛り,鮭のカマ焼きをいただく.

ロンドン+α生活 66 Her Majesty

早起きして論文を1個仕上げて提出,さらに2個目を半分くらい書いた日.まぁ内容はずっと考えていたものなので「書いた」だけなのですが.こんなに研究に時間を使えるのももうおしまい.来週は「帰国するので打ち合わせましょう」と「冬休み前に打ち合わせましょう」でさすがに会議だらけです.


夕方は三越をのぞいてみる.いつもツアー客や修学旅行生であふれていて,何かすごい空間になっています.外国から見た「日本人観光客」はこれなんだろうなぁと.

「日本未発売」とか「皇室御用達」とか「日本で買うといくらなので3分の1の値段!」いろんな札がついたお土産が山ほど売っています.さりげなくマリメッコ(フィンランド)とかFauchon(パリ)とかも混ざっていますがね.同じ紅茶を30箱くらい買っている人とかいてちょっとびっくりします.

7月に来たときにいろんな人にFortnum & Masonの紅茶をあげてしまったので,今回はどうしたものか.というか何で真夏に紅茶を買ってきたのか,そのときの自分に小一時間問いただしたい.


「皇室御用達」は,エリザベス女王やチャールズ皇太子それぞれのマークがついていてかっこいいです.特に女王陛下のマークはさすがにかっこよくて,御用達品には"By Appointment to Her Majesty The Queen"と書いてあります.

女王陛下は"Her Majesty"ですが,新聞やBBCなんかでよく見るのでこの言い回しにも慣れました.対面だと"Your Majesty"って呼ぶんですかね,たぶん(そんな機会は来ないので無用の心配ですが).この表現もおもしろいですよね."Majesty"は「威光」みたいな感じです.日本語だと階段の下から取り次いでもらうので「陛下」ですが.


家に帰ったら,居候先の家族からのメッセージカードが.泣きそう.

ロンドン+α生活 65 終わった感

昔ちらっと書きましたがバスで新聞を渡されるので,ちらっと見たら,一面にでっかく「British Airways,クリスマスにまたがる12日間のストライキ」と出ていて焦った日.

自分が帰る日の3日後からでした.ふぅ.まぁさすがに12/22〜1/2という期間に決行はしないでしょうが.


体調についてご心配いただいてありがとうございます.無理をして体調を崩すとまず喉が腫れる人なので,のどスプレーは常備しています.今はだいたい治りました.帰る前にやっつけておきたいことがあるので,もう少し踏ん張ります.

そういうのでメールや電話をいただいたり,帰国祝い会?を企画していただいたり幸せ者です.ロンドン生活は楽しいですし,よく聞かれる"miss Tokyo and Japan?"というのもそんなにないのですが,"miss people in Tokyo"というのはかなりあります.


そんなわけでもう帰る気まんまんです.いつもの1週間出張だと,月曜というのは「初日,来たばかり」なのですが,今は「もう終わったなぁ」という気分です.いろいろ詰め込んだので今週はどたばたしますが.
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ