うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

サービスコンピューティング

クラウドイベント@CEATEC 2010

来週はCEATECですが,10/7(木)にイベントをやらせていただきます.サービスコンピューティング時限研究専門委員会でのイベントです.ソフトウェアインタプライズモデリング研究専門委員会と合同でやらせていただいています.


未だに実感がない,というか,今年初の企画らしいので聴衆も規模も全然未知数.CEATECって言ったら3Dテレビだの超巨大ディスプレイとかそういうイメージですもんねぇ.ソフトの話,しかもアカデミック寄りな話が出ていってどれだけ目立てるのやら.

サービスコンピューティング第3回研究会

表題の通りSIG-AIとの共催で,参加者も多く集まり無事終わりました.皆様ご参加ありがとうございました!

今後についていろいろ考えなければならない点は多いですが,ね.あまり国内イベントに力をかけても,というところもまぁありますしねぇ.9月にはFITで講演+パネルを,10月にはCEATECでクラウド関連の講演+パネルを,さらにJAWSでも関連イベントをやらせていただきます.あり過ぎてどれがどれだか混乱してきます.


別件で,「私がこの研究コミュニティを見捨てた理由」というタイトルで,そのコミュニティで講演をすることになるとかならないとか.そりゃ自分なりにいろいろ思うことはあるけれども,本当にそんな企画やらない,よね.

来週月曜: サービスコンピューティング研究会

人生3回目のつくばTXに乗った日.


来週月曜は,電子情報通信学会のサービスコンピューティング研究会の第3回(AI研究会との共催)です.

この研究会ですが,SOA・クラウドはビジョン分野なので,ソフトウェア工学屋さん,AI屋さん,(エージェント屋さん,分散屋さん,経営屋さんなどなど)と順次一緒にやっていきます.去年(共催ではなく)単発でやった1回目は50人以上集まってびっくりしたのですけどね.

都内のど真ん中でやっていますのでぜひ興味のある方はご参加下さい.


この分野の位置づけ(独自性)・必要性もControversialですが,IEEE Transactions on Services Computingまでできてしまっているのですよね.まぁ中を見ると何とも言えないことになっている部分もありますが.あとは,クラウドが出てからなのか,WWWみたいな国際会議でも発表が前より多少目立つようになった気がします.

自分個人としては,サービスコンピューティングなのか次世代インター・マルチクラウドなのか,主張のために使う言葉は時流に任せるとして,今年,来年取り組んでいくところは決まっています.「1年半後任期が切れる」というのがあるので,今は視点がだいぶ短期的,装飾的,自身の既存資産の活用重視,になっています.

サービスコンピューティング系イベント

タイトルの通り.


信学会の時限研究会ですが,8/23に東京で(というかうちの建物で)またやります.SIG-AIと合同での第3回です.

9月のFITで特集セッションやらせていただきます.自分はパネル司会.

10月のまさかのCEATECで,エンタプライズ系の研究会と合同でクラウドセッションやらせていただきます.そもそも信学会として初の試みなので読めない.というかまさかのCEATEC.


12月のICSOC,今年の採択論文一覧が出ていますが,日本からの論文多くてびっくり.

充実(周りが)

先月出したサービスコンピューティング系の国際会議の査読結果が来る.単著と共著2本出して,Longが1,Shortが2.Longの採択率は15%,Shortも含めた採択率は23%なのでまぁまぁでしょうか.

Longを通した学生さんは2年連続.去年はインターンで来ていたのでみっちり指導していましたが,博士学生として入学した今年はほとんど手を出してません.すごいなー.

むしろ,自分のだけ落ちている,という情けない事態ではなくてよかった,というくらい,最近は弱気でもある.

ちなみに個人的には,この分野も今が転機だと思っているので,そんなに採択率が低いことにも少し驚いていたり.


これで12月にサンフランシスコ!と言いたいところ,東京での重要イベントとかぶってしまっているので代理発表してもらう可能性大.分野的には行っておきたいのですけど−.あと,実はサンフランシスコには行ったことがないのです.ソルトレイクシティとか,アトランタとか,あとアンカレッジとかは行ったことあるのに.


朝は,先週来たインターン学生に,サービスコンピューティング系の研究をしている学生さんたちの前で発表してもらう.1回話しただけですが,彼もかなり優秀.うちの学生さんがやっていることとかなりピンポイントな内容なので,盛り上がっていました.

国際会議の同じセッションに興味を持ち,同じ論文を読み込んできたような人たちによる議論だったので,「2010年のアレだとこうだけど」みたいな感じで,詳細な部分を事前説明なしにガンガン議論していました.初めて会った人と当たり前のようにそういう会話ができて,当人たちはかなり楽しかったのでは.というか自分は楽しかった&嬉しかったです.

午後は学生さんと個別に研究議論.かなりいい感じ.


という感じで,質的にも,量的にも,こんなにすごい学生さんたちと一緒にやれることは二度とないのでは,と思っています.つまり研究系(大学院)の教員としては今が全盛期ではないか,くらいに思ってしまっています.もちろん助教なので「自分の」学生ではないのですがね.30歳で言うことではないでしょうが,でもかなり本気でそう思っていたり.

ほんとは,教員ではなく研究者として,学生さん云々とかむしろほっぽっといてでも,自分一人で成し遂げる研究が全盛期でなければならないのですけどねぇ...

マイアミ出張3日目: 会議開始

今日から本格的に国際会議開始.朝8時からセッション開始というのはけっこうきついです.というか泊まっているホテルの朝食が8時からなのですが・・・

今回はIEEE ICWS/SCC/CLOUDの3つの会議が合同開催ということで7セッション並列とかいうひどいことになっています.最近作られたCLOUDはともかく,ICWSとSCCは6年前から何度も発表させていただいているし興味もあるところなのですが,さすがに7セッション並列されるともう「どれを聴くかとか考えても無駄,どうせ後で論文全部チェックするし」という気分.相変わらずno show多いし(発表ばっくれ,中国人がビザをとれなくて来てないとかしょうがないこともありますが).数値に出てない部分もあるのですが,一応採択率15〜20%の会議なんですけどね.

この会議は運営がけっこう特殊で,独裁的に1グループ,しかも某企業の人たちに仕切られています.どうかと思うことも多いですが,よくこの規模をまとめているなというところもあります.まぁ自分で対抗できるものを作れる段階ではないので,文句だけ言ってもしょうがないのですが.

午後はクラウド系のパネルと基調講演.思った以上に無難で収穫なし.


昨日載せなかったダウンタウン側の風景.ちっちゃいモノレールみたいなのが中心部の8ブロックくらいを無料で走っています.
マイアミダウンタウン マイアミダウンタウン
マイアミダウンタウン

この辺はヒスパニックな人たちがメインですね.お店でもホテルでもスペイン語が飛び交ってます.

BPELエンジンの話(1)

先日ちらっとWebサービス系の実装をしていたことを書きましたが,ふと思い立ってActiveVOSの試用ライセンスを申請してみました.昔,オープンソースのBPELエンジンで一番目立っていたものが,有料化してどんなものになったのかと.

そして仕事内容を聞かれたので伝えたら,試用ライセンスを拒否されました.「君はこんな高機能なものを買って運用することはないだろう」みたいなことのようです.確かに大規模デプロイを想定した機能込みでバカ高いので,実サービス提供のない研究で用いるものではないのではないのでしょうし,アカデミックだから何でも許されるわけではないでしょうが,試用拒否されるとは・・・

ActiveVOSのオープンソース版(昔でいうところのActiveBPEL)もまだ残ってはいるのですが,先日書いたとおりBPEL 2.0に対応していないとかちょっと機能制限が寂しすぎるのですよね.

Webサービス実装

久々にWebサービス系の実装.自身のPCをWindows 7にしてから昔の開発環境を整理していなかったのと,初心者向けに説明する機会もあるので,環境を立ち上げるところから全部やり直してみました.


トイ例題として以下を半日くらいで実装.
  • 「最も簡単」な第一歩として,Apache Axis 2でPOJOからさっくりとWebサービス化.ちょっとconfigつけてjarして置くだけで済むなんて便利な時代.
  • Java SDK標準のwsimportでスタブ作成,JAX-WSベースのクライアント実装.同じJavaだけどせっかくなので何となくクライアント側は別ライブラリで実装.これも一瞬.
  • 作ったサービスを無駄に組み合わせて使うBPELをEclipse BPEL Designerで記述.Apache ODEで実行.実は初ODE.


でも実際には半日のうちしょうもないことではまっていた時間が大半.
  • 調子に乗ってWSDL 2.0で進めていたら(1.1での要素のネーミングセンスが嫌い),何とwsimportが1.1専用だったのでやり直し.
  • 調子乗ってTomcat 6にしたら,内部の構成が変わっていたので,ActiveBPEL(というか今はActiveVOS Community)のインストールスクリプトが動かず.
  • Eclipse 3.4向けリリースで止まっているBPEL Designerを無理矢理(古いjarを足したりして)3.5に入れたら挙動不審になって,結局3.4を入れ直し.
  • 説明の都合上,最初に作るサービスでWSDL自動生成を使ったら,BPELのassignで入出力をいじるときにXPathを駆使せねばならずちょっと使いづらくなってしまった.そこでわかりづらいバグをしっかり埋め込む.
  • オープンソースで主流だったActiveBPELは,BPELの「デファクト度」が上がったとたんにActiveVOSと改名して商用版とコミュニティ版でかなりの機能差をつけてきたのですよね.エディタやBPEL4People対応はともかく,コミュニティ版だとBPEL 2.0が走らないとは,なんということでしょう.そんなわけで他のエンジンを探して比べて回る.でも使ってみないと違いは全然わからないので結論が出ず.


意味がない(「研究になる」とか「新規性」とか「誰にとっての価値・使いやすさ」とかがない)実装をやって,何かすっきり.

サービスコンピューティング第3回研究会

SIG-AIと共催でやらせていただきますよー

CFP/CFPart

かかわっている諸々のイベントを書き出してみます.
  • 勤務先のオープンハウスが6/3,6/4に行われます.10周年記念ですよ!10周年!お時間がありましたらぜひ.自分はいくつかの研究テーマごとのポスター展示だけです.
  • このサイトを見て下さる方は大学院生以上なのであまり関係ないですが,ICPC,国際学生プログラミングコンテストの東京地区予選の運営にかかわらせていただきます.2月にマイナス20度のハルピンにいたのはこの関係です.まずは例年通り7月にインターネット予選です.ホームページはComing Soon!です.
  • 信学会のサービスコンピューティング時限研究会周り.
    • FIT 2010の論文投稿〆切が今週です.サービスコンピューティング研究会も分野に入っていますよ〜
    • 次回研究会企画中です.もう少しお待ち下さい.
    • まさかのCEATECにからみそうです.10月です.
  • サービスコンピューティング系の国際会議メモ.こちらは「かかわっている」ではなく「かかわってプレゼンスをあげなければ」という自分にとっての課題対象ですが.特にちょっとここ数年離れていたところもあるので...
    • IEEEのICWSSCCCLOUDは今年は7月に合同開催です.もう論文投稿は終わっていますが,合同開催なので参加だけでも行きやすいかもしれませんね.
    • ICSOCは今年はサンフランシスコ.例年通り6月頭が投稿〆切.
  • プログラム委員をやらせていただいているソフトウェア工学系国内会議のCFP.国内会議ではあまり発表しない人なので申し訳ないのですが.
    • SES(〆切4/30)
    • FOSE(〆切6/1)
  • その他論文発表で国際会議はあちこち行きますよ〜(と言えるようにがんばりますよ〜)
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ