朝はワークショップ,午後から本会議開始.ソフトウェア工学系の知り合いの方がオープニングトークをされていて,サービス指向系の場で会うとは思っておらずびっくり.


夜はReception.国際会議が始まる前日(付属イベントの日)または初日に行われる軽めのイベントです.これまで,ドリンクとスナックのみだったり,ドリンクも3杯目からは有料だったり,そういうことも多かったです.

が,今日は朝から楽しみにしてました.会場は,何とノーベル賞の受賞晩餐会(Nobel Banquet)の行われる市庁舎(Stadshuset).しかもその中でも舞踏会が行われる黄金の間.去年のニュースの写真


市庁舎.朝の散歩のとき.
Stadshuset


黄金の間に突入.おおお.
Stadshuset

壁面は1900万枚の金箔だとか.
Stadshuset

ノーベル賞の晩餐会のときには,スウェーデンの王室や各界の著名人らが着飾って登場するわけですが,今日はgeek(コンピュータオタク)であふれています.
Stadshuset
自分もユニクロのフリースだったり.寒いんだもん.


食事もおいしかったです.和製英語の意味でのバイキングでした,真の伝統的なバイキング料理だったかはわかりませんが.伝統的なジャガイモとアンチョビのグラタン(Janssons Frestelse)も食べることができました.「ヤンソン氏の誘惑」,肉や魚を食べないまじめなキリスト教徒の人も食べてしまったとかそういう話.


終わった後にはぐるっと展示などを見て回りました.「市庁舎」らしいところも通過.もうどうでもよくなってますが.
Stadshuset


そんなわけで満喫.
Stadshuset