うぃんつり3.1

情報系研究所准教授(32)のブログです。Twitter/Facebookができてからは、海外出張時における仕事外の話を書くだけの場になってしまっています。

ICPC東京大会2010事後報告 (4)当日編

続き.

当日はもう何かあっという間に駆け抜けた感じです.


あらゆるところで直前まで,配布物印刷&パッケージングやらtwitter更新やら会場設営やらの指示出し.自分が前に出てしゃべる資料作りもギリギリ.

自分がすべてのボトルネックになって,事前にできることも直前や当日になってしまったり,説明・指示をせずに自分で抱えてしまったり,今回は自分が悪いところが多すぎました.

それでもうちの学生さんが走り回ってすべて吸収してくれたことに感謝.


自分は見ていただけですが,一番頑張ってくれたのはシステム周り.本番の会場は金曜の午後から使えるようになり,当日土日も含め、8時半から21時の間しか使えない.

が,土曜に選手にリハーサルをやってもらった際に諸々失敗したので,翌日日曜の本番までに配置や設定を変更することになったのです.土曜,会場が閉まる21時までに新しい配置・設定でのテストをするとともに,35台のPCを運び出し.夜の間に設定変更.会場が開く翌日8:30に再度運び込んで,配置,ケーブル類をつないでテスト.多少開始時間を遅らせることになりましたが,本番は無事動いて何より.

会場はうちの研究所と同じビル内ですが,うちの研究所で持っている部屋ではなく,お金を払って借りておりネットワークや使い方等の制約もあるのでこういうことにもなりました.お金とのトレードオフのとりどころの問題ですが,別の部屋もおさえておいたりすればまた変わったのでしょうが...

何にしても無事終了してよかったです.


も少しだけ続きます.

ICPC東京大会2010事後報告 (3)準備編

さらに続き.

振り返ると,自分にとっては今年の2月に世界大会決勝に呼んでもらったのが今回の運営のスタートでした.マイナス25度のハルピン.競技の本番前に雪で I C P C とか作らされて選手がかわいそうとか思わなくもなかったですが.そのときにもらったオリジナルダウンジャケット,東京にいる限り着る機会はなさそうですが,押し入れの中でけっこうな存在感を放っています(この前引っ越したときに捨てようかとも思ったけど一応とってあります).


ICPCは毎年ホスト(校)を持ち回りで変えています.これは世界的には珍しいです.確かに各校(うちは校ではないですが)の意識・認知度等高まるのですが,毎年ノウハウがない状態から運営がスタートすることとなります.

ハルピン行く前くらいの時期(1年前)にきちんと競技実施の要件を理解,検討して,具体的に部屋の配置を検討,検証し,多少お金がかかってでも予約変更等しておけばよかった,というのはあります.うちの建物の運営,ネットワーク等の制約をよく知っているのはうちらなわけですし.また明日書きますが,実際には当日(選手が来て1日目にリハーサルをした後の夜中)にやり方を変えることになったのですよね...

ちなみに自分は9年ほど前に国内予選に出てさっくり予選落ちしただけくらいの経験しかありませんでした.


その後7月に国内予選.これはインターネット上なのでほとんど審判団にお任せ.

秋からのアジア地区予選本選の準備はもうドタバタ.科研費申請でいったん中断して,再開したときにはけっこう諸々遅延状態.まぁその間に止まった研究進捗も致命的かもしれないですが.

自分の仕事は,主に各チームやゲストの把握と諸連絡,問い合わせ対応,Web & twitter,配布物準備,食べ物&飲み物準備,賞品準備など.

その中で賞品探しは半ば現実逃避になっていたかもしれません.
  • 車内広告にいっぱい出ているmamemoを買ってみたり
  • Java関連の余興コンテストの賞品向けにJava Teaバームクーヘンを買ってみたり(電話かけて「この じゃわばうむ っていう商品の包装に Java ってアルファベットで書いてありますか?」と聞いて笑われた)
  • その余興の関連でパックマン30周年記念限定Moleskineノートを買ってみたり(自分の案ではないですが)

ICPC東京大会2010事後報告 (2) 「アジア地区予選」?編

昨日の続き.

今回ホストさせていただいたのは「アジア地区予選」の東京大会です.アジア内の交流促進のため,アジア内のチームは自国の予選大会の他に,もう1つの予選大会にも出ることができます.今回の東京大会にも,台湾,中国,韓国,シンガポールからの参戦がありました.


1つのチームが1つまたは2つの大会に参加することになるので,世界大会への進出チームは,チームの成績を総合的に考慮して選出されます.「東京で3位」のチームと「東京で7位,韓国で2位」のチーム,さぁどちらを選ぶでしょう,という.そこはアジア地区を仕切る方々のお仕事で,ルールは知りません(自分のところは,アジア地区内の東京大会2010の仕切り).


今年からアジア地区のルールが変わっていて,アジア内がさらに3つの区域に分割されており,その区域内で世界大会への進出枠を競い合うことになっています.日本のチームの場合は,台湾,香港,韓国,東南アジア諸国のチームと同じ区域で,この区域が持っている世界大会進出枠をかけて競い合ったわけです.

が,中国本土は別の区域です.東京大会に来た中国チームは,そっちの区域が持っている世界大会進出枠を得るためにいい成績を残そうとしていたのです.中国本土のみの特別ルールで,「他の区域で1位か2位になったら,中国本土を含む区域の持っている進出枠をあげる」ということになっているようです.上海交通大は見事2位でしたね.

中国は人も多く大会の開催箇所も多いので,アジアの中でも他の国とは立場が大きく異なります.周辺諸国に大量に殴り込んでいって不平を言われたり,いろいろあるようです.


まだまだ続きます.

ICPC東京大会2010事後報告 (1) 競技基本編

土,日,月とACM-ICPCアジア地区予選東京大会でした.今までいろいろイベント運営をやってきましたが,かつてなくいっぱいいっぱいでした...

まず競技自体の基本のお話.


ICPCはACMが35年ほどやっている国際大学対抗プログラミングコンテストです.3人一組のチームでプログラミングの「問題」を解いていきます.

ここでの「問題」とは入力に対して出力が一意に決まるようなものです.「正しいプログラム」であることは審判によるテストで判定されます.お題は,城攻めやらチョコをみんなに配るやらテトリスのブロックで建築を行うやら,いろいろ楽しいもので,実際のプログラミングは動的プログラミングや探索やらいろいろ.今年の問題はこちら

今年の順位表はこちら.より多くの問題を解くとより上位で,解答数が同じ場合,より短い時間(誤答へのペナルティ含む)で解くとより上位です.今年の場合だと,5時間の制限時間内に,10問中3問解けば35チーム中16位内に入りました.トップの東大のUSAGI Codeというチーム(学部1,2年!)は,時間ギリギリでまさかの全問正解.

ICPCの順位表は競技中もリアルタイムで更新されていきますが,結果発表を面白くするために最後の30分間は更新しませんでした.30分前には上海交通大のチームが1位,東大のUSAGI Codeが2位だったところ,終了10秒前とかにUSAGI Codeが逆転というエキサイティングな展開でした(運営側にはわかっていたけれども,発表は2時間ほど後の表彰式で).


今回全問正解が出ましたが,ICPCのポリシーは,
・ どのチームも一問は解けるように
・ どの問題もどこかのチームに解かれるように
・ どのチームにも全問は解かれないように
です.問題を作る方も大変です(それは審判団のお仕事なので関与していません).


まぁ現実には正解のある問題は最初からあるわけではなくて,自分が解くことにする問題をうまく定義して,その動機付け,正当性・妥当性を人にきちんと説明することの方が多いのでしょうけどね.あまりパターン当てはめみたいになってると面白くないとも思いますが,ここまで様々なアルゴリズムをきっちりと理解し使いこなしているのはやはりすごいです.


続きます.

ACM-ICPC Tokyo 2010

以前から書いているように,今週末がACM-ICPC(国際大学対抗プログラミングコンテスト)のアジア地区予選東京大会です.7月の国内予選を勝ち抜いたチーム+海外からの参戦チームで競います.東京以外での結果も踏まえてアジアからの世界大会進出チームを決めます(アジア内では交流促進のため,チームは自分の国以外の大会にも出られるので).

各チームへの連絡やら賞品の購入やらやっているのでいろいろ面白いこともあるのですが,ネタバレ要素もあるので書きません.

当日はtwitterでの実況があります.あと,みんながわいわいプログラミングしているという地味な風景をustで観られるかもしれません.リアルタイムでの順位変動はわかる人には楽しいのですけどね.


というわけで引っ越し早々いっぱいいっぱいです.とにかく自分があらゆることのボトルネックになりすぎ.

転居その後

旧居を掃除したり新居で荷物を少しずつ開いて整理していったり,ICPCの準備をしつつ国際会議の発表資料を作ったり(出張には自分では行けないのですが),久しぶりに仕事以外で大変なことになっています. 千代田区のオフィス街に隠れた変なところから,住みよい街?に引っ越したので生活が丸変わり.
  • 徒歩通勤から,乗り換えありの電車通勤になりましたが,今のところ全く問題なく元気.45分くらいですかね.新居が駅から徒歩1分なのは楽ちん.
  • 元々6時とか7時台には出ているのでラッシュは避けられるはず.と思いきや,座ろうと思うと6時半では遅いことがわかりました.まぁつぶされるほど混んでななければ携帯なりなんなりでいろいろできるのでいいのですが.
  • しかしTX高い!びっくり.
  • マンションの人の挨拶が明らかに違う.仕事人間が多かった前のところはほんと一応程度に声かける程度だったけど,エレベータ降りるときに「失礼します」まで言ってくれて,何か全然違う感じ.子供が大きな声で挨拶してくれたりエレベータのドアを押さえてくれたりして和む.都会にいると孤独になるのかな...
  • スーパーの品揃えが5倍くらいになって泣ける.いつも買ってるシリーズに知らない商品がいっぱいある...19時に閉まるとかふざけたこともないし.しかもおうちから徒歩1分.
  • 千葉だけど埼玉のような茨城のような不思議なとこ.チーバ君の鼻の下あたりです.元々土地が余ってるところに再開発したので広くてきれいです.川を渡って埼玉に2駅行くとIKEA,ココスコ,ららぽがあります.TXが通るまでは車輌の名前がすごいローカル線じゃないと行けないところで,TXが通っても全然馴染みがないところでしたが,実家の市の隣なので郵便番号や市外局番が近くて不思議な感じ.
あと,SH-03C買いました.初スマホなのでこの機種がどんなもんなのかわからないのですが,いろいろアプリをインストールできるのはやっぱり楽しいです.

転居

今日から新しいお部屋に入れるようになりました.

千代田区民から千葉都民に戻ります.まさかのTX沿い.アキバからだと20分くらいですかね.無線LANもあるしメールなり論文なり読んでるとあっという間.徒歩通勤という贅沢から普通の通勤になってるだけですが.TXから職場への出方は.北千住とアキバどっちで乗り換えるか,自転車も使うか・どれだけ歩くか,でいろいろあります.

今日は新しく買った家電と家具をひたすら受け取り・設置.電車通勤になるのと引き替えに敷地面積が約3倍になったのと,4,5年以上経ってる大半の家具・家電をリプレイスしたため,けっこうな大量購入.迷ったけれども,おうち作業用のいいイス(Ergohuman)まで買ってしまった〜.今日納入されたものの合計金額を思うと少しドキドキします.そういえば,図らずもエコポイント切り替えのタイミングとかぶってしまったので,家電売り場は売り切れ or 納期1ヶ月だらけでした.


仕事のこととかまじめに書きたいことも溜まってるのですけどね.「いろいろ落ち着いたら」,と言ってしまうと4月になる気がするので,来週はいろいろ書きます.

近況報告

ってタイトルをつけてしまうくらい更新の間が空いてしまいました.

某メジャーな競争的資金の申請書を書いていたりしました.その資金に関しては今のところ2戦2勝なのですが,他の資金はけっこう落ちてますし,何とも言えません.論文と違ってまだ「難易度」の感覚がイマイチないですし,前よりも額が高いところに出して行っているのでなおさら.ちなみに,その競争的資金の区分では自分はあと9年「若手」ですが,制度見直しの結果,「若手」として応募できるのはこれが最後.


ここしばらくのできごと(私事).
  • 入院してしまった方がいたり,交通事故に遭ってしまった方がいたり.高速道路でぐるぐるスピンして無事だったということに感謝ですが.
  • 今のおうち解約しました.徒歩通勤という贅沢もあと1ヶ月.お仕事に利いていたのは間違いないですがね.電車通勤になったらそれはそれで論文読みとかがはかどりますし.しかし改めて4年前の自分,よい物件を見つけたものだ.
  • 新しいおうち,「契約」,はまだしていません.4年ぶりに千葉都民に戻り電車内無線LANを毎日使う日々,かも.という情報でかなりピンポイントに特定できてしまいますかね.1年半後に任期が切れた後海外にいたり関西にいたり無職になっていたり,という可能性はあるのですけど.
  • というわけでiPadもどきが早く欲しいです(できればジョブズ教に入りたくないのと今更なのでiPadじゃないのがよい).といってもGalapagosの大きい方とかでしょうかねぇ.電子書籍というより論文をどこどこ読むのと,電車なりカフェなりで15分以上座るならRX2がよいので,ぱっと取り出してPDFが疲れず読めて一応Webが観られればよかったりします.
  • やっとドコモの冬春モデル発表.あまり期待したほどではなかったですが.たぶんSH-03C

栃木の山奥

いつものことながら,やりたいこととやらねければならないことが貯まりまくってきました.

何というか,10年後,30年後を考えたときに考えるべきこと・動くべきことと,あと1年半で任期が切れるにあたり考えるべきこと・動くべきことが乖離している感じです.前者は今の自分には壮大すぎてどう動いていいのかがわからないというのもあります.


いろいろ貯めて各所にご迷惑をかけているところがあるのですが,台風から逃げて紅葉の山奥でネットを絶って自分のことに集中という贅沢をしていました.

IMG_0563

IMG_0608 IMG_0594

IMG_0592 IMG_0555

11月もいろんな意味で勝負の月ですね.もちろん勝負していない月があったらいけないのですが.ようやくイベントラッシュが終わって自分の研究をコツコツ進めるべき月.卒論・修論の学生さんたちがいい方向性の軌道を確定して乗れるよう見守る月.あと12月のICPCの準備.

富良野出張(食べ物編)

旭川空港のラーメン屋さんでとりあえず食べておいた石狩ラーメン.鮭,芋,バター.壁に,旭川ラーメン解説として「醤油だ」とか書いてあるのですがこれも含め味噌全プッシュ.
IMG_0542
壺に入っていてとても食べづらいです.普段何気なく使っているラーメンどんぶり?の合理性・重要性を感じました.他の人が食べていたカニラーメン(カニの殻の上にカニカマが乗ったもの)の方が食べづらいようでしたが.


あと,泊まったホテルに,倉本聰さんのドラマ「優しい時間」のロケ地の喫茶店があったので,帰りのバスの待ち時間に行きました.
IMG_0549
同僚に連れて行ってもらったところ,この時期にけっこうなお客さんが入っていて,トイレまで写真に撮っている方々もいましたが,ドラマも観ていないので価値がわかっていません.


北海道はお土産のバリエーションが多いというか,力が入ったオリジナルのが多いですよね.ジンギスカンキャラメル(Wikipediaがひどい)とかはさておき.

今回は北海道開拓おかき,が売っていなかったので類似品.あと久々に例のメロンゼリー.あと,六本木でも売ってるけどカチョカヴァロ

でも羽田のモノレール改札の横に「北のお土産館」みたいなのがあってそこにだいたいのものは売ってるのですよね.富良野チーズケーキとかなんとか,旭川空港にはなかったものが売ってました.
ようこそ!
  • 累計:

中の人(石川 冬樹)

情報系研究所の准教授(32歳)
神田・神保町付近

記事内容における意見・見解等は,所属機関によるものではありません.リンクはご自由にどうぞ.

記事検索
最新コメント
カテゴリ別
昔の記事へ
  • ライブドアブログ